とりがい謙二の活動報告

記事全文/コメント

連合宮崎メーデーに参加しました

宮崎市の大淀川市民緑地公園で開かれた連合宮崎の第80回メーデーに参加しました。主催者を代表して横山節夫会長は「労働者を商品としてしか扱わない今の日本社会にストップをかけ、新たな雇用、就労システムを作るスタートにしなければならない。安心して働ける雇用システムの構築と、働く場所の確保が急務」と1800名の参加者に訴えました。
 
知事や宮崎市長のあいさつの後、私は社民党県連を代表して「日本の大企業は、小泉構造改革によってこの6年間過去最高益を更新し続け、株主配当は4倍に、資本金10億円以上の企業の内部留保は14兆円となった。勤労者の所得は10年連続で低下し、年収200万未満が20%に拡大、全勤労者の34%1780万人が非正規労働者となった。企業の社会的責任と所得の再分配の強化を求め全労働者が奮起しよう。総選挙に勝利して政権交代を図ろう」と力強く連帯のあいさつをしました。
この後、「労働を中心とする福祉型社会と自由で平和な世界の実現目指した「メーデー宣言」を採択し、市内をデモ行進しました。世界的な不況と派遣切りの中で開かれた今年のメーデーは、例年と違い緊張感がみなぎっていました。

2009-5-1-1
名前 :
URL :
非公開コメント 削除記事No. : 削除用パスワード :
お問い合わせ・連絡先

とりがい後援会事務所地図
〒880-0834 宮崎市新別府町前浜1401-105  TEL・FAX : 0985-22-9770