とりがい謙二の活動報告

記事全文/コメント

総選挙勝利への全力投入を確認した社民党県連大会開かれる

社民党宮崎県連合は、代議員など約65人が出席し宮崎市ひまわり莊で第8回定期大会を開き、衆議院総選挙への全力投入と2009・10年度の運動方針を決定しました。6名の代議員から「総選挙勝利のため自治体議員は自分の選挙と思い全力をあげて欲しい。党員もできる限りのことをやり有権者に支持を呼びかける」、「宮崎県連所属の議員は定額給付金を受け取らないと決めたが、受け取って例えば延岡病院の再建のための基金をつくるとか有効活用したらどうか」、「障害者問題は、福祉ではなく人権の視点から取り組むべきではないか」、「自治労党員協では、学習会をやり若い党員確保に頑張っている」などの質問や意見が出されるなど、内容の充実した大会となりました。(写真:代表あいさつ、松村候補)

来賓として、午前の部で津村宮崎市長や横山節夫連合宮崎会長、井上紀代子民主党代表、新名照幸県労組会議議長が、午後の部で川村秀三郎氏が出席。又、松村秀利予定候補と4月26日投票の2期目の国富町議選に立候補する水元正満さんが決意を述べました。
最後に、自公政権打倒を誓う大会宣言を採択し団結ガンバロウを三唱して閉会しました。(写真:川村候補、団結頑張ろう)

2009-3-29-1
名前 :
URL :
非公開コメント 削除記事No. : 削除用パスワード :
お問い合わせ・連絡先

とりがい後援会事務所地図
〒880-0834 宮崎市新別府町前浜1401-105  TEL・FAX : 0985-22-9770