とりがい謙二の活動報告

記事全文/コメント

環境・新エネルギー特別委員会が開かれました

環境・新エネルギー対策特別委員会が開かれ、1年間の活動のまとめや反省点について議員間で議論しました。
その結果、「)楔の温室効果ガス排出量は、全体として減少しているがCO2 排出量は3%増加しており、森林整備や太陽光発電、バイオマス発電などを推進する必要がある。廃棄物処理で、県外産業廃棄物の県内搬入については要項規制から条例規制を検討して欲しい。リサイクルについては、建設コスト等の初期投資の回収や利払いが経営を圧迫しており、建設時の支援の充実やリサイクル製品の販路拡大などの経営面に支援を要する。し槓犠撞冏電や木質ペレット等のバイオマスエネルギーについては、資源量や使用可能量の把握、原料供給システムの構築などにより地産地消の拡大を図る。ヂ斥杆発電については、県の低利融資の周知や啓蒙活動を図るべき。」等の提言をまとめました。

2009-3-16-1
名前 :
URL :
非公開コメント 削除記事No. : 削除用パスワード :
お問い合わせ・連絡先

とりがい後援会事務所地図
〒880-0834 宮崎市新別府町前浜1401-105  TEL・FAX : 0985-22-9770