とりがい謙二の活動報告

記事全文/コメント

宮崎政経懇話会県央地区例会に出席しました

宮崎政経懇話会304回県央地区例会が、宮崎観光ホテルで開かれた出席しました。
犯罪心理学の権威で大正大学の小宮信夫教授は、「子どもと地域を犯罪から守る方法」と題した講演で「不審者を見分けることは困難だ。防犯効果はなく大人との交流を妨げる。犯人が好む危険な場所を知ることが大切だ。」そうではなく「犯罪が起こりやすい場所は、『入りやすい』『見つかりにくい』の共通点がある。木が茂った公園や高い塀の住宅街の道路など。落書きや割れた窓ガラスなどの心理的な『入りやすさ』『見えにくさ』をチェックすることも大事だ。犯人は、誰にも怪しまれず近づき逃走も容易だ。」と強調しました。その上で、「地域安全マップ」の作成を小学校などで実践して欲しいと話していました。講演が終わり、貧困や解雇など犯罪の原因となる要因を社会全体で少なくしていくことも大事なことだと思いました。

2009-2-23-1
名前 :
URL :
非公開コメント 削除記事No. : 削除用パスワード :
お問い合わせ・連絡先

とりがい後援会事務所地図
〒880-0834 宮崎市新別府町前浜1401-105  TEL・FAX : 0985-22-9770