とりがい謙二の活動報告

記事全文/コメント

社民党のへき地医療調査で椎葉村立病院の課題についてお聞きしました

椎葉村立病院で、吉持厳信院長や甲斐敬敏事務長からパワーポイントで現状の説明を受け課題について意見交換しました。
院長は定着医として地域医療の要となっており、県派遣の自治医科大学卒医師2名の3名体制で診療を行っています。(写真:椎葉村立病院で吉持院長と)
同病院の課題は、仝派遣医師2名の派遣継続。∩甬泙米始改良。復員が狭く谷沿いで救急車のサイレンが聞こえにくく、救急搬送車がバックしなければならないときがある。K漂劵悒蠅里泙泙芭匹い継続して欲しい。ドクターへリ導入の議論があるが、最近村内2ヶ所の巡回診療補助が60万円と減額されており、地道な予防活動への予算が減額となっては困りますと話しておられました。

救急医療については、常備消防がなく日中は病院職員が、その他は民間の運転業務協力隊に委託して搬送をお願い押しているとのことでした。
救急出動回数は年25件程度、搬送が20件程度で日向・延岡が主で、最近熊本が多くなってきているとのことでした。防災ヘリの出動をお願いすることが年平均1件程度あるが、医師の帰院はタクシーとなりその間医師不在となるため大変困っているので医師も防災ヘリに同乗派遣してもられえないか、又第2・3次医療を引き受ける県立延岡病院の受け入れ態勢を充実して欲しいと話しておられました。

吉持院長は、ホームページで「医療行政上、地形的にははなはだ不効率な自治体だが、椎葉では病を診て人を診ない医療はしない。私たちの努力で『椎葉村民にとっての世界一のかかりつけ病院になる』ことを目指している」と述べておられます。京都大学医学部を卒業してネパールで6年間ボランティアとして医療に従事するなど、人間の自然治癒力を大事にする医療が実践されているようで頭の下がる思いでした。村の概要:人口約3000人の村で、主に林業・農業で生計。熊本県との県境に位置し面積は536平方キロと広く山林が96%と平地はほとんどありません。高齢化率37・8。中心部から日向市まで75キロ、車で90分の典型的な過疎の村です。

病院の概要:村内唯一の医療機関、ベッド数30床、内科・外科・整形外科・総合診療科外科。1日平均入院患者19,1人、同外来患者87,6人、病院職員医師3名など42名。へき地医療拠点病院、救急告知病院。1995年移転改築。

2009-11-19-2
名前 :
URL :
非公開コメント 削除記事No. : 削除用パスワード :

社民党県議団で入郷地区の医療実態調査を行いました(諸塚村)

社民党県議団は、一昨年から医療シンポジュームの開催や医師会・行政との意見交換を行うなど地域医療再生に取り組んでいますが、その一環として中山間地である諸塚村・椎葉村・美郷町にお邪魔し、太田・高橋議員などと現状と課題を調査しました。諸塚村役場で、西川健副村長、黒木重三郎副院長、山本説芳事務長からお話をお聞きしました。村の概要:人口1897人、高齢化率38・3(後期高齢化率21,2%、403人)。中心部から日向市まで車で50分・バスで90分の典型的な過疎の村ですが、平成の合併では自立を選択し様々な施策を展開し注目されています。(写真上:諸塚村での調査、同下:村行政と副院長)
常勤医師2名により診療を行っていますが、高齢(61歳、79歳)でもあり綱渡りの現状が続いており、医師確保が重要課題となっています。救急医療については、常備消防がないため役場消防本部職員17名が交代(夜間は待機)であたっています。
救急出動回数は年50〜60回で夜間等が約60%となっています。又、防災ヘリ出動の事例はないが、医師も併せて同乗派遣して欲しい、県立延岡病院の受け入れ態勢を充実して欲しい、自治医科大学卒業医師の派遣を再開して欲しい、へき地医療拠点病院からのサテライト派遣が計画されているが現在の医師が退職したら常勤医師を派遣して欲しいなどと話しておられました。

病院の概要:村内唯一の医療機関、ベッド数28床、内科・小児科・外科の3科を医師2名で当たり、平日夜間は交代で当直し土・日は宮崎大学第1外科からの派遣医師で対応、1日平均入院患者12,6人、同外来患者71,5人、看護師8准看護師9計17人、夜勤は2名で2交代制、スタッフは全部で35名でその内18名が臨時・委託職員となっています。

〆G3月までの16年間、県より自治医科大学卒業医師の派遣を受けていたが、派遣先病院の増加とローテーションの関係で派遣が困難となり、村独自で医師を確保したが課題も多いとのことでした。又、副院長(79歳)は高齢だが、村出身者で単身で頑張って貰っているが後任の確保が大きな課題となっています。
公立病院ガイドラインに基づき、有床診療所として2011年に改築を計画しています。

2009-11-19-1
名前 :
URL :
非公開コメント 削除記事No. : 削除用パスワード :
お問い合わせ・連絡先

とりがい後援会事務所地図
〒880-0834 宮崎市新別府町前浜1401-105  TEL・FAX : 0985-22-9770