とりがい謙二の活動報告

記事全文/コメント

青島再開発の現状について宮崎市にお聞きしました

 宮崎市役所で青島再開発について、田村商工観光部長と染谷観光課長に現状をお聞きしました。
 宮崎市青島の旧橘ホテルの所有者エフ・アール・イーの破産管財人が、売却先に絞り込んでいる県外の2社の事業計画などについてお聞きしました。大きな点は、現在の幽霊屋敷となっている旧橘ホテルの解体について7〜8億円程度と見込まれている資金を自己資金でまかなう点です。

 2案は、新聞報道で示されている程度しか提示していただけませんでしたが、地元の意見を参考に決定されるようで、今月中には1社に絞り込み年内に再開発の方向性が示されることになるとのことでした。

 その際に、亜熱帯植物園や国民宿舎跡地の活用も当然検討され、現在計画案も示されていますが、県と充分連携を取って本県観光の顔である青島を再生していただきたいものです。

 しかし、本当に長い年月でした。私が、県議会に初当選したときに旧橘ホテルが閉鎖しましたので約19年。歯ぎしりしながら、議会で松形知事などに質してきましたが、第一義的には宮崎市当局の動きを待つしかなく機会あるたびに市長へ苦言を呈してきました。110万人の観光客が60万人と見る影もなくなっています。観光宮崎の再生青島の再生に全力で取り組んでいきたいものです。

2008-8-21-1
名前 :
URL :
非公開コメント 削除記事No. : 削除用パスワード :
お問い合わせ・連絡先

とりがい後援会事務所地図
〒880-0834 宮崎市新別府町前浜1401-105  TEL・FAX : 0985-22-9770