とりがい謙二の活動報告

記事全文/コメント

福島党首国政報告会に出席しました

 労働福祉会館で開かれた社民党党首福島瑞穂さんの国政報告会に出席しました。報告会は、野口恵子常任幹事の司会で進められ私の挨拶の後、福島党首は福田首相による自民党役員・内閣改造にふれて次のように述べました。 
 「麻生幹事長はタカ派で福田首相は、危険な毒を飲んだ感じだ。与謝野経済財政担当大臣は消費税増税派で国民生活の安定のためと称して消費税増税を目論んでいる。伊吹財務大臣も同様であり、福田首相は財務省の代弁者として政策を実行するので安心実現内閣ではなく安心破壊内閣となるだろう。」と国民不在の内閣改造と厳しく批判しました。

 そのうえで「福田内閣は、2003年の小泉内閣から始まった健保3割負担、年金保険料引き上げと年金額引き下げ、特養ホームのホテルコスト(部屋代)の導入、障害者自立支援法、後期高齢者医療制度の導入などの社会保障切り捨て政策を財政再建のために必要であるとして来年度も継続するとしており問題だ。特別会計の莫大な財源を放置せず国民生活のために活かすべきではないか。フルキャストやグッドウィルに見られる偽装派遣や偽装請負などの問題は、労働者派遣法を改正し早期に解決すべきだ。命を大事にする政治を実現するために総選挙に勝利しよう」と集まった聴衆に訴えました。

 花束贈呈のあと、石山虎男がんばれ社民党宮崎の会会長が「厳しい時代であるが、社民党を支えて共に頑張りましょう」と閉会挨拶があり、私の音頭で団結頑張ろうを三唱して終了しました。暑い日が続く毎日ですが、一服の清涼感を伴った集会となりました。

2008-8-2-1
名前 :
URL :
非公開コメント 削除記事No. : 削除用パスワード :
お問い合わせ・連絡先

とりがい後援会事務所地図
〒880-0834 宮崎市新別府町前浜1401-105  TEL・FAX : 0985-22-9770