とりがい謙二の活動報告

記事全文/コメント

地域医療を守る決起集会に出席しました

 医療・福祉・患者団体など約500名が参加して宮崎県医師会館で開かれた「地域医療崩壊阻止のための総決起宮崎大会」に出席しました。大会は、林チエ子看護協会専務理事の進行で進められ、主催者を代表して稲倉正孝宮崎県医師会長は「社会保障費2,200億円削減を明記した平成21年度予算の概算要求基準の閣議了解は、国民の医療を崩壊させる暴挙である。皆さんと力を合わせ、社会保障費の機械的削減撤回のため全力をあげる」と決意を述べました。

 その後、県選出国会議員のあいさつがありましたが、医療崩壊予算や無計画の医師研修制度を導入した当事者が地域医療を守るとの意見には何と厚かましいものかと思いながらあいさつを聞きました。

 約10名の県議会議員にも一言あいさつを許されましたので私は「誰のために政治があるの真剣に考えるときがきています。社民党は各地で地域医療を守るためのシンポジュームなどして頑張っています」と最近の活動と決意を申し上げました。

 その後、認知症の人と家族の会宮崎県支部・吉村支部長の大会趣旨説明と県歯科医師会・田島会長、県介護専門員協会・牛谷会長、県難病団体連絡協議会・首藤会長の3名から決意表明、県地域婦人連絡協議会・谷口会長から決議の採択について提案され、参加者全員の賛同を得て採択された後、頑張ろうコールで大会を終わりました。

2008-7-31-1
名前 :
URL :
非公開コメント 削除記事No. : 削除用パスワード :
お問い合わせ・連絡先

とりがい後援会事務所地図
〒880-0834 宮崎市新別府町前浜1401-105  TEL・FAX : 0985-22-9770