とりがい謙二の活動報告

記事全文/コメント

県退職者会研修会で地球温暖化と太陽光発電を学習しました

ホテルプラザで開かれた県職退職者会中央支部秋期研修会に参加し、県議会議員定数問題の現状等を報告し地球温暖化と太陽光発電について学習しました。講師の楠見博ひむか・おひさま共和国事務局長は、「地球温暖化に貢献しようと太陽光発電を取り付ける人が増えてきたが、一般には太陽光発電の知識がなく適正価格(約200万円)や耐用年数(20年)等メンテナンスに対する十分な説明がなされず、設置後にトラブルになることが少なくない。このため、設置希望者への相談やトラブル相談、情報提供、小・中・高への出前講座を行うため2003年に会を設立した。会員235名太陽光に興味にある人は誰でも参加できる。」と話しておられました。概要は次のとおりです。早速断熱シートを購入しカーペットのの下に敷きましたが、かなり暖かいです。皆さんも是非どうぞ。

「07年ヨーロッパ南部の熱波によりハンガリーで500人死亡、ルーマニア44度27人死亡、03年ヨーロッパで2万人死亡、日本では埼玉県熊谷市07年8月40,9℃、宮崎では94年7月西米良村で39,3℃、宮崎市では66年8月に38℃と地球温暖化が始まっている。原因は二酸化炭素の増加。京都議定書で日本は90年比08年〜12年で6%の削減を義務づけられているが、逆に6,4%増えている。
北極と南極の氷が溶けている。牛肉の消費を減らせば世界の水と穀物を奪わなくても済む。
トウモロコシ1國水1000圈牛肉1國トウモロコシ70圈牛肉消費量(日本)12圈牛肉輸入量95,5万トン。世界の人口65億人、肥満人口10億人、餓死状態11億人。和食中心に食生活を見直すことが大切。
日本のエネルギー自給率6,25%、化石燃料はいつまで保つか。石油41年、天然ガス67年、石炭192年、ウラン85年。
燃費の良い車の利用やバイク・自転車へ。電気製品買い換え時は省エネ製品を買う。エアコンは10年前の製品より40%省エネ、価格は8万円高いが年間2万円の電気代が節約される。冷蔵庫のエアカーテン、白熱光を蛍光灯型へ、こたつの下へ断熱シートが効果的。太陽光発電を設置すると意識が変わってきます。設置費用1kW60万円、標準4kW、平均設置費用約212万円(補助金が1kWあたり7万円控除)、耐用年数20年、保障10年、九州電力の購入単価1kWあたり25円」
講演は、参加者にも大変勉強になったようで、参加者は早速省エネ製品を手にとっては早速実行だと話していました。

2008-11-22-1
名前 :
URL :
非公開コメント 削除記事No. : 削除用パスワード :
お問い合わせ・連絡先

とりがい後援会事務所地図
〒880-0834 宮崎市新別府町前浜1401-105  TEL・FAX : 0985-22-9770