とりがい謙二の活動報告

記事全文/コメント

党自治体議員団会議で総選挙への取り組みについて協議しました

麻生総理の解散引き延ばしで11月30日総選挙の日程が延びたことに伴う今後の取り組みについて協議しました。各議員から様々な意見が出されましたが、協議の結果、街宣等の運動は継続し解散があったらすぐにエンジンを全開できる体制をとることを確認しました。

2008-11-12-4
名前 :
URL :
非公開コメント 削除記事No. : 削除用パスワード :

県議団と支持団体との定例議会前懇談会が開かれました

県労組会議や自治労、教職員組合、県職労、地方自治問題研究所と県議団との定例議会前懇談会が開かれ出席しました。太田幹事長から11月議会の概要について説明があり、出席者から総務省公立病院改革ガイドラインにより自治体病院の存続について厳しいものが予想されるが超党派の取り組みはできないものかなどの意見が出されました。

2008-11-12-3
名前 :
URL :
非公開コメント 削除記事No. : 削除用パスワード :

党議が開かれました

議会運営委員会が開かれ確認された11月議会の提出予定議案や日程等が報告されました。一般会計補正予算10億2829万7千円(ガソリン税暫定税率期限切れに伴う地方特例交付金5億8826万9千円、木材加工流通施設等の整備費7644万8千円)等2件、高千穂線鉄道施設整理基金条例等7件、条例以外の平成19年度決算の認定等23件、財政健全化判断比率及び資金不足比率等報告事項2件が提出され、11月19日開会12月17日閉会の日程で審議されることになりました。
高千穂鉄道復活は知事の公約ではなかったのでしょうか。3年前、前安藤知事復活に向けた取り組みを要請しましたが、当時再建費用は50億円程度との話もありました。廃線に向けた取り組みが進められていますが、撤去費用に充てる基金の額が未定とは少しおかしいのではと感じました。

2008-11-12-2
名前 :
URL :
非公開コメント 削除記事No. : 削除用パスワード :

労働者福祉団体中央会の知事要請に同席しました

知事応接室で行われた宮崎県労働者福祉団体中央会の知事要請に同席しました。冒頭、新名会長から県の労働者福祉事業への支援に感謝する旨のあいさつの後「景気の低迷や雇用の非正規化等により、多重債務者が激増している。会員については、労働金庫で相談事業や債務の圧縮、融資等により救済事業が行われているが、未組織の労働者は労金や他の金融機関から融資が受けられず高金利に苦しみ多重債務に陥っている。多重債務者の生活苦からの脱出や生活支援、自殺対策からも融資制度の創設は重要であり、県や地方自治体と提携した自治体提携融資制度の創設をお願いしたい」と新たな制度創設への協力要請を行いました。

多重債務者問題は、本当に深刻です。労金も利用できない未組織の働く人たちへの支援の手が1日でも早く差しのべられるよう県の積極的な取り組みが求められます。

2008-11-12-1
名前 :
URL :
非公開コメント 削除記事No. : 削除用パスワード :
お問い合わせ・連絡先

とりがい後援会事務所地図
〒880-0834 宮崎市新別府町前浜1401-105  TEL・FAX : 0985-22-9770