とりがい謙二の活動報告

記事全文/コメント

特別委県北視察で延岡鉄鋼団地を訪問

 延岡鉄鋼団地組合事務所で吉玉典生理事長さん達から、お話を伺いました。「団地は、向陽鉄鋼KK等22企業で構成しているが、昨年11月の中国視察で熟練工のキサゲを30代の若い女性がやっておりショックを受けた。BRICSやVISTAに負けないよう努力しなくてはと感じた。幸い延岡市が本腰を入れビジョンを作成したので、頑張っていきたい。旭化成の業務内容もレーヨンからメディカル系へと変化しており関連設備など地場でやれるように開発能力・設計能力を高めたい。今後、団地総合力を高め高付加価値領域へ移行し世界最強の製造基地の一翼を担うことを組合の方針としている。」と熱っぽく話していただきました。
 又、「日向市では工業用水が1トン1万円で使えるが、延岡市では上水14万円が必要であり、また高度な品質を要望されており1億円と高額な検査設備や機器が多く機械技術センターでご尽力をお願いしたい。」と今後の課題を指摘しておられました。その後向陽鉄鋼KKの製缶現場を視察しましたが、大変な技術だと驚きました

2007-8-8-2
名前 :
URL :
非公開コメント 削除記事No. : 削除用パスワード :

特別委県北視察で県立延岡商業高校訪問

 県立延岡商業高校で赤池校長先生や進路担当の先生方から文科省指定の「目指せスペシャリスト事業」などのお話を伺い、その後情報処理科、会計科、流通経済科、商業科の生徒代表10名と意見交換しました。生徒からパワーポイントで山下商店街と連携した「和」商店の運営状況などの説明を受けましたが、代表となるだけあって自分の考えもしっかりしてるなと感心しました。「和」のオリジナル商品「めっちゃなめらかやっちゃが南瓜プリン」をご馳走になりましたが、大変おいしかったです。
 進路は就職をメーンにしているが、進学希望者には柔軟に対応しているとのことでした。
 2007年3月卒業者の状況。就職105名(県内69名、県外36名)で内定率は98,1%。進学国公立大学7名、私立大学33名、短大29名。

2007-8-8-1
名前 :
URL :
非公開コメント 削除記事No. : 削除用パスワード :
お問い合わせ・連絡先

とりがい後援会事務所地図
〒880-0834 宮崎市新別府町前浜1401-105  TEL・FAX : 0985-22-9770