とりがい謙二の活動報告

記事全文/コメント

総務政策常任委員会で延岡市の税行政を視察しました

 延岡市役所で、住民税の賦課徴収の状況についてお聞きしました。行政サービスの制限実施事業を増やすなど、市民税の徴収率向上に努めているとのことでした。ただ、10年程度の実務経験者が2名のみで、残りは2年程度と経験者は大変少ないようで気になりました。専門性の向上が市民サービスに繋がるのではないかと感じられました。

2007-7-31-2
名前 :
URL :
非公開コメント 削除記事No. : 削除用パスワード :

総務政策常任委員会で九州保健福祉大を視察しました

 総務政策常任委員会の県北視察で、九州保健福祉大学に行ってきました。定員は、社会福祉学部240名、保健科学部160名、薬学部200名で入学者は県内と県外が約半数程度であるが、就職は県外が多く2/3、県内は1/3の比率であるとのことです。
 入試は、AO方式で育て上げることを主眼としているとのことですが、全入方式と考えても良いと思われます。ただ、志望者は減少しており、定員の80%程度で苦労しているとのことでした。薬学部の国家試験合格率が97,5%と高いのが誇りのようです。
 やはり、問題は就職先の確保と言えるようです。

2007-7-31-1
名前 :
URL :
非公開コメント 削除記事No. : 削除用パスワード :
お問い合わせ・連絡先

とりがい後援会事務所地図
〒880-0834 宮崎市新別府町前浜1401-105  TEL・FAX : 0985-22-9770