とりがい謙二の活動報告

記事全文/コメント

閉会中の常任委員会で預け金の説明がありました

 閉会中の常任委員会が開かれ、不適正な事務処理である預け金調査の中間報告が行われました。総額は約2億5000万円。07年5月末の現在高は、預け合計5.476.306円、書き換え53.266.503円(5年間)、不適正な現金1.921.957円(07年5月末日)について、総務部長から報告がありました。
 知事が私的な講演会で、預け金の中間報告を漏らしたことについて「総務部長や副知事は、知事に注意したのか」と尋ねたところ、「指摘していない」との答弁でした。知事のワンマンぶりが見て取れました。
 職員の意識、予算編成や執行のあり方など様々な問題があり、県政の推進と再発防止のためにしっかりした対応が求められます。

 午後は、徳重市議と西諸地区の県出先機関を回り、予算執行の問題点や預け金などの現状を聞きました。

2007-7-20-1
名前 :
URL :
非公開コメント 削除記事No. : 削除用パスワード :
お問い合わせ・連絡先

とりがい後援会事務所地図
〒880-0834 宮崎市新別府町前浜1401-105  TEL・FAX : 0985-22-9770