とりがい謙二の活動報告

記事全文/コメント

全員協議会が始まりました

改選後4年間の議会運営について話し合う「全員協議会」が3日間の日程で始まりました。会議の冒頭に、議員の自己紹介を行いました。東国原知事のあいさつもいただきました。仮議席の決定、正副議長選挙、控え室割り振り、常任委員会等の名称や定数などを党内協議と幹事長会の繰り返しで一つひとつづつ決定していく時間のかかる協議が続きます。なお、社民党県議団は本日下記の「県議会の活性化」に向けての提言を発表しました

      「県議会の活性化」に向けての提言(社民党県議団) 
         
「県議会の活性化」のテーマにつきましては、これまで宮崎県議会として2004年に「議会活性化等検討委員会」を設置し検討を重ねるなど、鋭意取り組んできたところであります。しかし、先般行われた県議会議員選挙において投票率が過去最低になるなど、民主主義の根幹に関わる憂慮すべき現状にあるのではないかと思います。

そのような中、我々社民党宮崎県議団は、「県議会の活性化」に資するべく、4月25日・26日の両日、一問一答方式等を先進的に取り入れ、「県議会の活性化」に取り組んできている三重県議会及び大阪府議会の視察を行ない、多くの示唆を得たところであります。つきましては、これまで、社民党県議団として、「県議会の活性化」について主張してきたこととも併せ、下記の通り提言いたします。

                記
 ー遡篳式の変更について
・ 代表質問、一般質問に、一問一答方式、分割質問方式を導入する。ただし、これまでの一括質問方式を含め、いずれの方式を取るかは議員に委ねる選択型とする。

・ 一問一答方式等の導入による議場の改修を行う。対面演壇・大型スクリーンの設置をはかる。

政策立案、政策提言体制の充実について
 
・ 国、県、市町村及び関係法令等との整合性、妥当性の検証等、議員の条例制定をサポートするため、法務担当職員を配置し、議会事務局体制の充実をはかる。

予算、決算審査の充実強化について
・ 予算と決算を総合的に審査調査するため、予算・決算特別(常任)委員会を設置する。ただし、詳細審査を行うため分科会を置く。

・ 当委員会での審査の流れ    
知事の提案説明→ 委員会での各派代表総括質疑→分科会での詳細審査→委員会での分科会報告→締めくくり総括質疑→討論・ 採決 
・当委員会は、全員参加とする。ただし、決算の場合は、監査委員は除く。

ぁ“駘冓杤について       
・ 見直しを図る。

ァ\務調査費について
・ 基本的な考え方
  議員の調査研究・広報活動を保障し、もって政策立案や、県民参加に資
するものでなければならず、そのことを基本に見直しを図る。
 
Α,修梁
・ 議会選出監査委員の決算委員会出席の可否の検討
・ 議会事務局職員記章の着用
・ 手話通訳者の確保
・ 採決時の意見書・決議の提案理由及び案文の読み上げ
・ 議長立候補者の議場での決意表明
・ 一人あたり少なくとも年2回の質問を確保する
・ テレビ放映や新聞報道等、各報道機関に積極的な広報を要請する

 (参考) 政策立案、政策提言体制の充実について
        三重県  法務調査グループ・法務担当   4名
        大阪府  法務企画グループ        6名    
        衆参法制局体制        衆議院  82名
                       参議院  75名

2007-5-8-1
名前 :
URL :
非公開コメント 削除記事No. : 削除用パスワード :
お問い合わせ・連絡先

とりがい後援会事務所地図
〒880-0834 宮崎市新別府町前浜1401-105  TEL・FAX : 0985-22-9770