とりがい謙二の活動報告

記事全文/コメント

図書館が変わる!ビジネス支援図書館フォーラムに行ってきました

「官から民へ」の合い言葉が喧しい中、指定管理者制度の導入で県内でも図書館を委託する自治体が出てきています。図書館委託が安上がり行政の見本としてもてはやされる中、県立図書館がビジネス支援図書館の可能性と銘打ってフォーラムを行うとのことでパネルディスカッションを見学しました。

 

九州管内の商工行政や図書館関係者が参加する中で、県産業支援課の城戸竹虎主幹が宮崎県の企業誘致の事例を元に中小企業支援策や図書館との連携の実態などを報告した後、経産省松永明課長、竹内利明電通大教授、伊藤淳一図書館長、高妻隆県産業支援財団課長の4人によるパネルディスカッションが行われました。

「図書館の機能をもっと活かすべきだ」、「新しい流れだ。人づくり、地域づくり、好奇心が人を育てる」、「本の貸出だけでなく、社会教育にもっと活かすべきだ」、「来館者60万人、62万点の蔵書を活かしたいと相談員を派遣している」などの意見が出されていましたが、図書館の新たな可能性を感じさせる催しでした。

2007-3-4-1
名前 :
URL :
非公開コメント 削除記事No. : 削除用パスワード :
お問い合わせ・連絡先

とりがい後援会事務所地図
〒880-0834 宮崎市新別府町前浜1401-105  TEL・FAX : 0985-22-9770