とりがい謙二の活動報告

記事全文/コメント

「具体的事例で護憲を語れ」県民の会で佐高信氏弱点を指摘!

ホテルプラザで開かれた評論家佐高信氏の「なぜ憲法を変えるのか=憲法9条とこの国のゆくえ=」と題した9条をまもる県民の会第2回総会記念講演会に出席しました。
 佐高氏は「小泉・安倍政権は、信号機を壊した。社会の規制を取り払いジャングルの自由にした。その結果、大学生と小学生を競わせる格差社会が誕生した。再チャレンジというのは格差を認めたことだが、競争の前提であるスタートラインを同じにしなくてはならない。資本主義の憲法が独占禁止法であるが、再チャレンジとはガリバーとなったトヨタ自動車を分割することではないか」と最近の企業合併や経済政策を厳しく批判した。
 そして「憲法改正の動きが強まっているが、具体的事例をあげて護憲を語らなくては市民の共感は得られない」と護憲を訴える参加者へ辛口の激励を行いました。
 

2007-3-17-1
名前 :
URL :
非公開コメント 削除記事No. : 削除用パスワード :
お問い合わせ・連絡先

とりがい後援会事務所地図
〒880-0834 宮崎市新別府町前浜1401-105  TEL・FAX : 0985-22-9770