とりがい謙二の活動報告

記事全文/コメント

又市社民党全国連合幹事長のあいさつまわりに同行

早朝の党県連三役会議後、又市征治幹事長あいさつまわりに同行しました。又市幹事長は、長友農政水産部長を激励した後、県本庁の各課を回り庶民いじめを繰り返す安部自民公明党政権の大企業・金持ち中心の政策を厳しく批判しました。

途中、宮崎家畜保健衛生所を訪問し、清武町や日向市で発生した鳥インフルエンザ対策の現状を職員から説明を受け、特別交付税による財政措置を国に働きかけるなどと答えていました。しかし、3家畜保健衛生所で獣医師が44名しか配置されていない現状を聞いて、宮崎県は本当に畜産県なのかと感じました。
  夕方から、宮崎市職退職者会総会に出席、その後時間外に宮崎社会保険事務所や消防職場を訪問し激励しました。

又市幹事長の発言概要は次のとおりです。
「‐泉・安倍内閣は、規制緩和路線などで競争社会を作り出し非正規社員は労働者の1/3を超える1、680万人に増加し、内1,000万人は年収200万円以下となっている。パート労働者の時間単価を少なくとも1,000円としヨーロッパ並みを目指すべきだ。それでも年間1800時間として180万円の収入にしかならない。これらの格差を是正すべきである。安倍首相は、公務員給与が民間より21%高いので地方公務員の給与を引き下げよと総務大臣に指示したが根拠はない。厚生労働省がパートや臨時職員を含めた民間労働者賃金を調査した民間賃金構造基本調査の数値を引用しているようだがこんなでたらめなことはない。総務省や人事院は、公務員給与は民間の同種同等の正規従業員給与と比較して決定されるべきだと国会で答弁している。新たな公務員バッシングを行い非正規労働者と分断を図るものだ。K姫匸幣些覆箒軌藉靄榾_定に加え憲法9条を改訂し戦争のできる国造りを狙う危険な内閣だ。ずGは選挙の年であり、統一自治体選挙、参議院選挙で勝利しよう。特に、参議院の与野党差は30議席であり、野党が16議席勝利すれば与野党逆転であり、安倍内閣の総辞職もしくは解散となる。是非、社民党に力を貸して欲しい。」

2007-1-29-1
名前 :
URL :
非公開コメント 削除記事No. : 削除用パスワード :
お問い合わせ・連絡先

とりがい後援会事務所地図
〒880-0834 宮崎市新別府町前浜1401-105  TEL・FAX : 0985-22-9770