社会民主党宮崎県連合代表 鳥飼謙二 社民党
  とりがい政策 宮崎議会質問 社民党とりがい理念 とりがい日記 私の活動日誌 とりがい謙二のあゆみ 事務所・後援会

活動日誌

活動日誌 2006年11月
○高鍋町職学習会で政治変革を訴えました(2006・11・29)
最後はガンバロウで終わった学習会


○新富町職学習会で政治変革を訴えました(2006・11・28)
熱心に聞き入る新富町職の皆さん


○後援会総会で県議選挙勝利に向けて意思統一(2006・11・26)
  とりがい後援会総会が、支持者など約130人が出席して労働福祉会館で開かれました。 藤野会長の挨拶の後、共に選挙戦を闘う宮崎市議3期目挑戦の中川義行さんと新人の徳重淳一さんから決意表明を受けました。
  とりがい謙二は、「規制緩和や競争至上主義経済により、日本は格差社会となった。県内を見ると、雇用の場や観光客の減少は県内経済に大きな影響を与えており、カーフェリーの廃止など陸海空の交通網の立ち後れも著しい。若者や高齢者が安心して暮らしていける地域づくりのため、暮らしと平和を守るため全力をあげる。」と決意を述べました。野別隆俊地元後援会長の音頭で乾杯し交流に入りましたが、県議選への取組方を語る参加者や久しぶりの邂逅を喜ぶなどで賑わいました。最後に、新川副会長の音頭による団結ガンバロウで閉会しました。
決意表明する鳥飼 謙二 多くの支持者が参加した会場
激励挨拶を受けた倉松幸代さん 全員で団結ガンバロー
  早朝、雲海酒造杯ミニバレーボール大会で激励のあいさつ。

○社民党議員団総会が開かれました(2006・11・25)
  県議会議員など約20名が参加して労働福祉会館で開かれた社民党自治体議員会議総会に出席しました。官制談合知事疑惑問題や地方自治体に自衛隊OBが危機管理職員として大手を振っている現状に対して消防職員の活用を積極的に図っていくことなど活発な意見がだされました。引退議員を除く役員の留任と全員の再選を確認しました。
 終了後、宮崎身体障害者福祉協会作品展を見学、河東先生に似顔絵を描いて戴きました。ありがとうございました。素晴らしい作品がたくさん出品されていました。
毎回似顔絵を描いて戴く河東先生と


○県庁友会臨時総会に出席しました(2006・11・24)
  約150人の会員が出席して魚よしで開かれた庁友会臨時総会に出席しました。物故会員への黙祷の後、鬼塚会長のあいさつや米寿8名、喜寿52名の方への記念品贈呈がありましたが、皆さんとてもお元気です。その後、小守常務から報告のあった18年度の事業結果を承認し懇親に入りました。中座して失礼しました。
  夕方から、木城町公民館で開かれた町職労学習会で講演。その後厚生年金会館で青葉町区会役員研修会に出席しました。


○東引土地区運動会が盛大に開かれました(2006・11・23)
  阿波岐原地区の秋祭りが、生憎の雨の中会場を公民館に移して行われました。子ども達の獅子舞を見学しましたが、文化の伝承を身近に感じました。その後、檍小学校体育館で開かれた東引土地区の運動会に参加しました。
阿波岐原地区秋祭りのこども獅子舞 檍小体育館での東引土地区運動会


○安藤知事に辞職を申し入れました(2006・11・22)
  県の土木部長等3人の幹部が逮捕されるという事態を受け、県政混乱の責任と政治的道義的責任は問うため知事に辞職を申し入れました。知事からは「申し上げることはない」と責任ある答えはありませんでした。これ以上の県政停滞は許されません。夜は福祉友の会に出席。
安藤知事の辞職を求める山形屋前での街頭演説


○社民党緊急三役会議で知事辞職申し入れを決定(2006・11・21)
  県幹部の逮捕という異常事態を受け、社民党の対応を協議するため緊急三役会議を行い安藤知事に対して辞職の申し入れを行うことを決定しました。夜は、ひまわり莊で開かれた市町村共済労組の学習会で政治変革の重要性を訴えました。


○現の会の演奏会を楽しみました(2006・11・17)
 


○宮崎市職労定期大会に出席しました(2006・11・16)


○掃海訓練反対を知事に申し入れました(2006・11・13)
  日向灘で19日から実施される日米共同掃海訓練の中止と細島港など県管理の民間港の使用を許可しないよう安藤知事に申し入れました。民間船舶が港から追いやられる我が物顔訓練は許されないと主張しました。夜は国保連合会労組学習会。
知事応接室で掃海訓練反対を申し入れ


○カリタスの園松の寮バザーが盛大に開かれました(2006・11・12)


○連合宮崎定期大会で社民党を代表して連帯挨拶(2006・11・11)
  ホテルプラザ宮崎で開かれた連合宮崎第16回定期大会に社民党を代表して出席し、連帯あいさつを行いました。溝口究会長は「労働を中心とする福祉型社会を実現するため、公正労働基準を確立運動などを通じて組織の強化を図ろう」と主催者あいさつ。
  社民党を代表して「社民党は暮らしと平和を守るため全力を挙げる。連合中央本部も労働者の権利拡大に頑張って頂きたい。又、県財政が再建されても県民生活が破壊されては虻蜂取らずだ。県民生活の安定に努力して貰いたい」と同席の安藤知事などにも呼びかけました。
  早朝、こどもの国で開かれた県本庁レクレーション参加者にあいさつ。


○都農町職労定期大会に出席しました(2006」・11・10)
  役場会議室で開かれた都農町役場職員労働組合の第48回定期大会に出席して労働組合の必要性について訴えました。午前中はあいさつまわり。午後は神田橋で開かれていた自治労女性部長会議とプラザで開かれた青年部長会議であいさつ。元気を感じた女性の集いでした。


○社民党9の日街頭宣伝を行いました(2006・11・9)
  定例の街頭宣伝を2班に分かれて行いました。中川市議と一緒に憲法や教育基本法の意義、暮らしと平和を守るために頑張っていくことを辻立ちを交えながら訴えました。
憲法9条を守ろうと訴える。活憲だ。


○ミニ座談会を行いました(2006・11・8)
  青島地区紫並州公民館で開かれたミニ座談会で、雇用のことや年金、介護、福祉、青島観光等の宮崎県の政策課題についてお話ししました。参加者からは、総選挙の敗北にめげずに頑張って欲しいなどの暖かい激励を戴きました。出席者の皆さんありがとうございました。
青島地区でのミニ座談会で抱負を語る


○職場挨拶回りを行いました(2006・11・7)
  終日中川義行市議と職場の挨拶回り。夜は宮消協交流会に出席。


○教育を考える落合恵子講演会に参加しました(2006・11・6)
  市民文化ホールで開かれた宮崎の教育を考える県民の集いに参加しました。教育を明るくする県民連合が主催したもので「それぞれが自分色に輝くとき、今大人が守らねばならないコトやモノ」と題して落合恵子さんは、「きな臭い社会状況の中教育基本法改定に対してNOと言える強い意志が必要。盲導犬の言葉に賢い不服従がある。飼い主の指示であっても危険なことには従わないと言うことだ。国旗国歌法強制は違憲であるとした裁判長への攻撃が始まっている。初々しい憤りが大切なのだ。教育基本法改定は、子ども達を1色に染めることであり、憲法を変えることである。あなた1人ではない。命・平和・民主主義・人権にNOを!もっと悪い時代にしないために」と多くの比喩や事例を交え語りました。とんでもない時代になりつつある中で、落合恵子さんの魂の叫びを聞いたような気がした講演でした。
  昼は宮崎市職現評大会に出席。
もっと悪い時代にしないためにと落合さん


○宮崎西中同窓会「朝霧会」が開かれました(2006・11・4)
  ホテルマリックスで5名の先生方と76名の同窓生が出席して、宮崎西中学校同窓会「第3回朝霧会」が盛大に開かれました。大谷幸朗副会長の司会により阿久井親会長が「今日は昔に返って旧交を温めて下さい」と主催者あいさつ。
  私が出席された1組担任の川崎直美先生、15組担任の黒木日良志先生(延岡在住)、斉藤勉先生(小林市在住)、富永英雄先生、鬼束良昭先生(宮崎市高岡町在住)のご紹介致しました。最年長の富永英雄先生の音頭で乾杯し交流会に入りましたが、世話役をして頂いた寺田良正君は「先生や同窓生に会うと、不思議に年を忘れ中学生に戻れるから不思議なものです。」と話していました。
  同じホテル内で南高校Eクラスの同窓会も開かれ合間を縫って参加しました。
盛大に開かれた朝霧会


○社会福祉事業団労組定期大会に出席しました(2006・11・3)
  代議員など約60人が参加して社会福祉事業団労組の定期大会が開かれ、連帯あいさつを行いました。冒頭、伊東委員長は「障害者支援法が施行され、又事業団も県から離れて新しい時代を迎えたが、利用者の処遇の充実と労働条件の改善のため労働組合の強化を共に図っていきましょう」とあいさつ。
  私も「県内の福祉のリーダーとして団結をなお一層深めて下さい」と激励しました。県議選挙のご推薦にありがとうございました。
 その他、地域で開かれたえだばる運動会や宮崎臨海公園でのみやざき愛犬祭り、フローランテで開かれた宮崎市健康福祉祭りに参加しました。


○宮崎市消防職員協議会総会に出席しました(2006・11・2)
  非番の会員等約100名が参加して宮崎市消防職員協議会総会が開かれましたが、県内外から消協の仲間が駆けつけ盛り上がった総会でした。宮崎市職労の職職場委員会で政治変革の必要性を訴えました。
 夕方は、ひまわり莊で開かれた県退職者会中央支部秋の研修会に出席し、先輩方と交流を深めました。夜は宮消協の交流会に出席。
宮崎市消防職員協議会で連帯あいさつ 県職退職者会中央支部秋期研修会


○県職現業本庁支部学習会に出席しました(2006・11・1)


このページのトップに戻る