社会民主党宮崎県連合代表 鳥飼謙二 社民党
  とりがい政策 宮崎議会質問 社民党とりがい理念 とりがい日記 私の活動日誌 とりがい謙二のあゆみ 事務所・後援会

活動日誌 2003年1月
○延岡病院問題での県職労による福祉保健部長申し入れに同席(2003・1・31)
 部長室で行われた県職労の「延岡病院職場対策の強化と早期解決を求める申し入れ」に同席しました。
 新名県職労委員長が、「麻酔科医師全員辞職の緊急措置として宮崎病院、日南病院から麻酔科医師1名が交代で派遣されているがあらゆる点で限界に達している。又、延岡病院で働く職員にも動揺が広がっており、麻酔科医師の確保と合わせ職員への十分な説明を至急行い県立病院への信頼確保と職員の不安解消を図るべきだ。」と強く要請しました。
 これに対して、福田部長は「医師確保には全力を挙げている。又、職員への現状説明を早く行い、協力をお願いしたい」と答えました。
 その他、 新年度予算の財政課長説明等。


○県職員退職予定者集会に出席(2003・1・30)
 

○平成14年度県献血推進協議会に出席(2003・1・29)
  ホテルプラザで献血推進協議会が開かれ、平成15年度の原料血漿確保目標量を前年度と同じ9844リットルとすることや愛の献血助け合い運動等の広報啓発活動や献血推進県民大会等の平成15年度の事業計画を承認しました。
 同協議会は、県や市町村、日赤、医師会、薬剤師会、マスコミ、学校関係者、自衛隊、県議会厚生常任委員会等の13団体で構成されています。


○県青少年問題協議会に出席(2003・1・28)


○小林地区の県出先機関あいさつ回り(2003・1・24)
    県政調査を兼ねたあいさつ回りでお伺いした水産試験場小林分場では、寒風の中職員の方が大型水槽に入り餌やりや魚の観察をしておられました。試験研究に人知れぬ努力が積み重ねられていました。お疲れさまです。
 夕方から、宮崎市職退職者会総会、木曜会、たまゆら温泉祭開会式などに出席。


○日南・串間地区の県出先機関あいさつ回り(2003・1・23)
 


○延岡病院問題で知事に早期解決を申し入れ(2003・1・22)
    現地調査を受け、社民党県連合として松形知事に「県北地域中核病院が機能不全の状態だ。住民の不安と不信が極限に達している。知事が先頭に立って解決に努力して欲しい」と要望書を提出。又、「院内の意志疎通、病院と福祉保健部の意志疎通が欠落している。早期の体制整備を図るべきだ」と申し入れを行いました。

 これに対して、松形知事は「麻酔科医師辞職に至る事実が知らされていなかった。事態は深刻であり私が陣頭指揮をして問題解決に努力する」答えました。今後は、事態の推移を見守ると共に働
きかけを強めていきます。
 
早期解決を知事に申し入れる党代表団

 なお、当日の要請には、田中県議、満行県議、岩切県連幹事長、高見宮崎市議、湯浅延岡市議等の他、延岡総支部から太田清海幹事なども参加しました。
その他、県老人クラブ大会に出席。


○県薬事審議会に出席(2003・1・21)
    ホテルプラザで開かれた県薬事審議会に出席しました。事務局より薬事法改正に向けて、@医療機器に係る安全対策の抜本的見直し、Aバイオゲノムの世紀に対応した安全確保対策の充実、B市販後安全対策の充実と承認許可制度の見直し等の法改正に向けての考え方が報告されました。薬事法は、医薬品・医療機器等の品質、有効性・安全性確保のため必要な規制を行う法律で、慎重な検討を要望したいものです。
 その他、ダイエット健康食品健康被害事例等についての報告がありました。
 午前中難病連県各課要請に一時立ち会い。


○日向入郷、児湯地区の県出先機関あいさつ回り(2003・1・20)
    東郷町の東臼杵南部農業改良普及センターや西郷村の林業総合センター等にお邪魔しましたが、職員の皆さんの現場のお話など大変勉強になります。


○宮崎市手をつなぐ育成会新春懇談会に出席しました(2003・1・19)
 障害当事者や保護者、養護学校教諭など約80名が参加してホテルメリージュで開かれ育成会新春懇談会に出席しました。
 「今演奏のあった春の海は、本当に平和の大切さを感じさせます。障害者には平和が最も大切です。手をつなぎ夢を語り元気に歩いて行きましょう」との森会長のごあいさつは心を打ちます。
 又、サンスクリンガスのハンドベルなど内容の濃いプログラムで大いに盛り上がりました。15人の成人の皆さんおめでとうございます。これからも元気に頑張っていきましょう。


○障害児教育振興大会に出席し、知事要請に同席(2003・1・17)
    教職員や父母等約70人が参加して自治会館で開かれた高等学校教職員組合主催の第24回障害児教育振興大会に出席し「この子等を世の光にして制度充実に向け共に頑張りましょう」と激励の挨拶。
 代表の皆さんと教育長や松形知事への要請行動にも同行しましたが、福祉ゾーンへの総合養護学校の設置やスクールバス導入などの切実な父母の要望は心を打ち説得力もあり主張していくことの大切さを再認識しました。
 

障害児教育振興大会で来賓あいさつ 父母や教職員の知事申し入れに同席


 午後は、本庁支部旗開きぜんざい会、夜は中川市議を励ます会や県職中央支部旗開きに出席。
 

恒例の本庁支部旗開きぜんざい会




○麻酔科医師辞職で混乱する県立延岡病院の現地調査に参加(2003.1.16)

 
県立延岡病院の麻酔科医師5名が12月末で一斉に辞職し機能不全に陥っている現状を調査するため、社民党調査団団長として調査に参加しました。

 まず、昼休みに県職労県病院分会に所属する看護婦さん達から事情聴取、午後は、病院長や事務局長などから事情聴取後、3班に分かれて病棟等の現場調査を行いました。その後、医師代表として医局会の6人の医師から事情を聴取しました。
 

看護婦さん等の現場スタッフと 病院長等の幹部の皆さんと
県議市議等で13人の調査団 医局長や外科部長等お医者さんと

 その結果、県北地区の高度医療を担う県立延岡病院が麻痺状態となり中核病院として機能不全に陥っていることが判明しました。早急な問題解決のため直ちに知事に申し入れを行うこととしました。せっかくの機会であり午前中は延岡地区の県出先機関を挨拶回り。


○県職女性部大会に出席(2003・1・15)
 ひまわり荘で開かれた県職女性部の定期大会で激励あいさつ。黒木部長の後任には宮崎病院の川瀬由美子さんが選出されました。午前中は西都、児湯地区の県出先機関を高見市議とあいさつまわり。
 

県職女性部大会で激励あいさつ

○満行県議、高見市議と都城地区の県出先機関あいさつ回り(2003・1・14)


○3632名が成人を迎えた宮崎市成人式に出席(2003・1・13)

 約1800人が出席し市民文化ホールで開かれた宮崎市成人式は、国家斉唱、市長式辞に続き市議会議長の来賓挨拶、新田直美さんの20歳のメッセ−ジと20分弱の極めて簡素な式典でした。新成人の新田さんは、「安心して預けられる保育所の保育士になりたい」と将来の夢を語りましたが、直後のアトラション最中にクラッカーを鳴らしたり火災報知器のベルを押す等の稚拙な行為もあり残念な結果となりました。

○日本晴れの大淀川で宮崎市消防出初め式(2003・1・12)
    大淀川市民緑地広場で消防団員など1100人が参加して出初め式に行って来ました。宮崎市長や県知事などの点検の後、消防車による一斉放水などが行われましたが、始めての鳶職人組合「若鳶会」の梯子乗りには拍手と歓声が上がりました。その後、会場を市民プラザに変え、消防行政に功労のあったを青島分団の首藤修一さん等に知事や市長の表彰が行われました。
 消防団員等関係者の皆さん、毎日本当にご苦労様です。
 

一斉放水と若鳶会の梯子乗り 出初め式終了後堤防で

午後は都農ワイナリーでの県職女性部長の結婚披露宴に出席。


○社民党県連旗開きに出席(2003・1・11)
    労働福祉会館で開かれた社民党県連、宮崎総支部主催の新春旗開きで「統一地方選での5人の県議会議員候補など公認16人、推薦7人の完全勝利に向けて全力を挙げて闘い抜きます」と決意の挨拶。松形知事や熱田連合会長などが来賓として祝辞を述べました。
 内訳は、県議候補5人(現2、新3)、市議候補15人(現11、新4)、町議候補3人(現2,新1)。ご支援をよろしくお願いします。
 

社民党県連合旗開きで主催者あいさつ

○県労組会議旗開きで統一選挙勝利を誓う(2003・1・10)
  約200人が出席して労働福祉会館で開かれた「平和・人権・環境労働組合会議」の旗開き出席しました。中武議長は、「平和なくして福祉も環境も何もない。統一選挙で社民党候補の当選に全力を挙げる」と強調。
   私も社民党を代表して「対立軸を明確にすることが政党に求められている。統一地方選挙を勝利するため全力で頑張る」と決意表明。さながら統一選勝利の決起集会となりました。
 その他、全農林県協議会、宮消協の旗開きに出席。


○宮消協旗開きに出席(2002・1・9)
    宮崎市消防職員で構成する宮崎市消防職員協議会の旗開きに出席し「県民の生命と財産を守るためしっかりと主張すべきは主張しよう。」と激励あいさつ。若い消防士のエネルギーには圧倒されますが頼もしいですね。日中は県出先機関等をあいさつ回り。


○連合宮崎旗開きで社民党を代表して来賓祝辞(2003・1・8)
    厚生年金会館で開かれた連合宮崎の新春旗開きで熱田会長の挨拶の後、私は、「雇用情勢は、厳しく更に労働基準法違反が横行している。高校生の3年以内の5割の退職は、職業観の変化だけではなくこのような現実も反映しているのではないか。労働組合は労働条件確立のためしっかりと主張すべきだ。政党は対立軸を明確にして国民にわかりやすい政治で訴えるべきだ。社民党は統一自治体選挙の勝利に向けて全力で闘う」と決意を込めて挨拶しました。
    旗開きには、松形知事や津村市長、組合員など約300人が出席し春闘勝利、統一選挙勝利を誓い合いました。
   日中は、高見市議などと市内の県出先機関等をあいさつ回り。様々な課題をお聞きしました。


○県出先機関等をあいさつ回り(2002・1・7)
 高見市議や県職労の役員と宮崎地区の県出先機関等を挨拶回りしながら職場の現状をお聞きしました。例えば、BSE対策が強化され死亡牛の全頭検査が始まる家畜保健所では、検査体制が整備されていないなど多くの県政の課題をお聞きしました。今後議会などで取り上げていきたいと思っています。お気付きの点があればご連絡下さい。


○商工会議所の賀詞交換会に出席(2003・1・6)
  商工会議所主催の賀詞交換会に出席しました。会場の宮崎観光ホテルは、1000人の参加者でごった返し会えない人もいるほどでした。午後は、連合や労組会議、社民党、民主党等によるクリエイトニューポリティクス会議に出席。統一地方選や県知事選挙について意見交換。競合しない選挙区の候補者当選に全力を挙げることなどを確認しました。


○宮崎市中央卸売り市場の初商い式が威勢良く行われました(2002・1・5)
    魚や野菜、果物等の生鮮食料品や花等の競りが行われれる宮崎市中央卸売市場の初商い式に行って来ました。きりりと引き締まるような寒さの中での宮崎市長による初競りの後、今年一年の商売繁盛を祈念して威勢の良い手締めが行われました。初商い式は、早朝6時20分から水産物部門、青果物部門、関連店舗、花卉部門でそれぞれ行われましたが、終わる頃には心から体が冷えましたが気持ちの良い朝となりました。日中は地元議会便りの配布。
 

宮崎市長のバナナの初競り まだ外は薄暗い中央卸売り市場

○地元の皆さん方へ議会便りの配布(2003・1・4)


○宣伝カーで恒例の新年あいさつ回り(2003・1・2)

    毎年恒例の宣伝カーによるあいさつ回りを行いました。初当選時の1991年の正月から13回目となり、街頭からのごあいさつと支持者宅に新年号の議会便りをお配りしながらのあいさつまわりです。継続は力なりです。正月早々同乗いただいた陣内さん、山下さん、原永さんご協力ありがとうございました。
 

街頭からのあいさつで新年の決意 青島漁港で今年も頑張ろうとポーズ!

○一ツ葉海岸の初日を前に県議選勝利などを誓う(2003・1・1)
 朝5時から恒例の実践倫理更生会元朝式に出席。自民党某国会議員の挨拶の中で、昨年感動した2冊の本の1冊として、太平洋戦争前の日本の朝鮮侵略や創氏改名等を評価し正しい本の名は忘れましたが韓国で発禁処分となった「親日派の反乱」が挙げられたのには驚きを禁じ得ませんでした。
 このような人たちが国政を担っていれば、「アジアの一員としての日本ではなく、アメリカの同盟国としての日本」となるのは当然のことと言えます。
 その後、一ツ葉海岸で初日に向かって手を合わせ「平和な世界、雇用の確保、福祉の充実、行き届いた教育、かけがえのない地球環境」と繰り返し、県議選勝利を誓いました。
    帰り道に近くの一ツ葉稲荷神社に初詣、そして朝食後団地内あいさつ回りと2003年がスタートしました。今年もよろしくお願いします。

 

初日の出を前に寒稽古に励む皆さん 初日を目に県議選勝利を祈願
このページのトップに戻る