社会民主党宮崎県連合代表 鳥飼謙二 社民党
  とりがい政策 宮崎議会質問 社民党とりがい理念 とりがい日記 私の活動日誌 とりがい謙二のあゆみ 事務所・後援会

活動日誌 2002年4月
○宮崎林産物流通センター落成式に出席(2002・4・30)
 
宮崎市広原に移転新築された宮崎林産物流通センターの落成式に出席しました同センターは、森林組合等の生産する木材の共同販売の拠点となるものです。外材の輸入攻勢で森林林業木材業界には厳しい情勢が続きますが、これを契機に中国への輸出など頑張って欲しいものです。
 
午後は、県男女共同参画センターを訪問して横山朋子所長から、男女共同参画社会基本法の意義や行政の役割、先進地の現状等についてレクチャーを受けました。男女が社会の対等な構成員として均等に政治的、経済的、社会的及び文化的利益を享受する社会づくりのために、男と女を会社や役所から解放し5時以降は家庭に帰し本当の豊かさを築いていくことが求められています
「言うは易く行うは固し」「塊より始めよ」です。



○宮崎県腎臓病患者連絡協議会総会に出席(2002・4・28)
 
JAアズムホールで開かれた人工透析の患者さん達でつくる第30回宮腎協総会に出席しました。県内各地から参加した約200名を前に亀川会長は「透析時の食事補助の廃止や診療報酬の改定により患者は平均5000円から6000円の負担増となる。小泉構造改革は弱者いじめだ。取り組みを強化しよう」と訴えました。
 県保健薬務課の瀧口俊一副参事補の挨拶の後、私は患者さん達へ「団結して声を上げていきましょう。あきらめてはいけません。一緒に闘いましょう」と訴えました。
 日本透析医会の調査によると県内の透析患者は2794人、会員は1836人となっていますが、学童期の年2回の検尿の実施など予防対策の強化が求められます。小泉自公保政権との闘いは正念場です。
 午後はホームページの更新。


○宮崎市民サイクリング大会で20キロを走破(2002・4・27)
 
自宅近くの自転車やさんに誘われて宮崎市民サイクリング大会に妻と参加しました。途中から生憎の雨となりましたが、4歳から80歳までの約110人は合羽を羽織ったりずぶぬれになったりしながら10キロの部と20キロの部に分かれ大淀川サイクリングロードを元気に走り抜きました。私は、20キロの部に参加しましたが堤防から見る風景は本当に新鮮でした。でも、お尻の痛い1日でした。
 
出発を待つ宮崎市民サイクリング大会で(大淀川河川敷)



○社民党各総支部幹事長・書記学習会に出席(2002・4・26)


○行政書士会宮崎支部懇談会に出席(2002・4・25)


○改選後初めての厚生常任委員会に出席(2002・4・23)


○連合の「アクションルート47」で笹森清会長と意見交換(2002・4・22)
 
労働運動のあり方を探るため全国行脚を進めている笹森会長と政党関係者との意見交換会がプラザで開かれ出席しました。
 私は、「最近の景気の低迷と雇用の悪化、政治スキャンダルにより、労働者や国民の政治や政党、労働組合に対しての不信は頂点に達している。昨年暮れの自衛隊のインド洋派遣決定に至る経緯の中で、制服自衛官の政府の内閣官房への直訴は文民優位のルールを破る非常に危険な兆候だ。このような中で有事法制が決められようとしている。反対していくべきだ。」と意見を述べましたが明確な答えはありませんでした。
 又、その他「ゼネストを構える考えはないか」との意見には「連合にはそのような力はない」とのことで期待はずれな会合となりました



○第23回難病団体連絡協議会総会に出席(2002・4・21)
 宮崎市民プラザで開かれた難病連の第23回総会に出席し「国民に痛みを強いる小泉構造改革のもとで福祉が切り捨てられる一方、有事法制の制定が企図されている。団結して声をあげましょう。」とあいさつ。
 総会には、宮腎協やリュウマチ友の会、IBD友の会など9団体から20人が出席し、難病患者の実態調査や難病センターの設立などの運動方針の決定や原田恒夫会長、谷口紘一事務局長など役員を選出しました。
 夜は、佐土原町議選の開票を選挙事務所で見守りましたが、河野美恵子候補は1161票、清藤悟候補は658票で当選とうれしい結果になりました。
 又、西都市議選では浜砂松生候補は867票で当選しましたが、小浦紀男候補は579票でまさかの落選となりました。残念です。
ご支援戴いた皆さんに感謝申し上げます。


○日南市で開かれた有事法制反対学習会に出席(2002・4・20)
 明治の外交官小村寿太郎候を記念した日南市飫肥の小村記念館で開かれた県南地区有事法制学習会で外山地区労議長の挨拶の後、私は「シャワーのようなマスコミ報道の現実があるが、現象にとらわれず真実を見抜きましょう」と連帯あいさつ。
 講師の今川正美衆議院議員は参加者100人を前に、有事法制の問題に加え「イランイラク戦争、湾岸戦争、アフガン問題は、シャルマーズ・ジョンソンの言うブローバック(追い風が向かい風に変わる、飼い犬に手を噛まれる)現象だ。真実をしっかりと見抜こう。自衛隊内部の人権を守ることも大事だ」と訴えました。
 夜は、日頃お世話になっている地元美松区会の総会。



○西都市議選で小浦紀男候補の本隊車に終日乗車(2002・4・19)


○議会運営委員会で新年度の質問割り振り等を決定(2002・4・18)


○佐土原町議会議員選挙で清藤悟候補・河野美恵子候補の応援に(2002・4・16)

 
佐土原町議会議員選挙が告示され、社民党公認の清藤悟候補(4期目)と河野美恵子候補(3期目)の応援に行ってきました。両候補とも選挙事務所となった自宅前の広場でそれぞれ第一声をあげ元気に選挙戦に突入しました。西都市議選と併せ、統一自治体選挙の前哨戦として負けられない選挙です。
 

自宅前の第一声集会で清藤悟候補の支援をお願いする 自宅近くの広場で河野美恵子候補への支援をお願いする
?


○金子衆議院議員が講師の有事法制化反対学習会に参加(2002.4.15)
 小泉首相は今通常国会に有事立法制定に向けた法案を上程する動きを強めています。社民党県連合と県労組会議合同主催の学習会が開催され、多くの参加者が「有事法制化」反対の意思統一を行いました。
 講師の社民党衆議院議員金子哲夫さんは、「憲法改正を回避して憲法が禁止する戦争の準備をするものだ。特に、武力攻撃が予想されるに至った事態とは何か。誰が何を根拠に判断するのかとても危うい法案だ。廃案目指して頑張ろう」と160人の参加者に訴えました。
 最後に、私は参加者に「小泉内閣は有事法制の制定ではなく、雇用の確保や景気の回復などするべきことをしっかりやるべきだ。戦争の準備ではなく戦争を回避するために行動すべきだ。全ての運動を来年の統一自治体選挙に収斂しましょう」と挨拶。
 

粘り強い運動をと有事立法学習会での閉会あいさつ



○西都市議会議員選挙で小浦紀男候補・浜砂松生候補の応援に(2002・4・14)
 西都市議会議員選挙が告示され、社民党公認の小浦紀男候補(6期目)と浜砂松生候補(新人)の応援に行ってきました。小浦候補は三宅の選挙事務所前で、浜砂候補は穂北の選挙事務所前でそれぞれ第一声をあげ元気に選挙戦に突入しました。


○臨時県議会で新年度の役員体制が決まり、厚生常任委員長に就任(2002・4・12)
 副議長選任に絡む1会派の思惑により開会が約4時間程遅れて臨時県議会が開かれました。副議長、各常任委員等を選出した後、景気・雇用、広域行政、経済・流通の3つの特別委員会を設置する事等が決まりました。
 今回の改選で厚生常任委員長に再度就任する事になりましたので宜しくお願いします。 


○幹事長会議で各会派折衝が終日続きました(2002・4・11)


○議会運営委員会全員協議会が開かれました(2002・4・10)
  副議長交代等の議会内役員改選のため全員協議会や各会派折衝が始まり、幹事長会議が11日まで断続的に開かれました。
 昼頃県職の青年部時代からの友人である企業局北部管理事務所に単身赴任していた前田利行君の訃報を聞き言葉を失いました。議会が終わり自宅に駆けつけ前田君の亡骸をお迎えしましたが本当に残念でなりません。


○シーガイア午餐会に出席(2002・4・9)
 新生シーガイアのお披露目を兼ねた新生フェニックスシーガイアリゾート午餐会に出席しました。
 グレニー社長はこれまでの経過を説明した後「@今後100億円投資する。Aオーシャンドームは今冬閉鎖するが納得のいく解決策を見出す。B従業員の希望退職は存続のためやむを得ない。Cスパの設置などにより、収益力の高いリゾートにする。D農産物など地元のものをできるだけ調達する。地元の皆さんのご協力をお願いしたい」と挨拶。
 シーガイアの地元重視の姿勢には好感を覚え大きな成功を願いながらも、雇用確保などの知事の3原則はどこに行ったのかと複雑な思いでシーガイアを後にしました。
 午後は、教科書問題でのMRT特別番組の取材。電撃黒潮隊で昨年放送されたものに肉付けするとのことで在日韓国人である洪三奎さんと対談。
 夕方、西諸地区労より陳情。


○檍中学校の入学式に出席(2002・4・8)
 地元檍中学校の入学式に出席しました。今年は、男子131名女子129名の計260名の入学でしたが、勉強とスポーツと遊びに頑張って実りある中学校生活をおくって欲しいものです。
 午後は、法改正に伴う土地家屋調査士会の陳情。


○議会運営委員会に出席(2002・4・5)
  議会運営委員会で全員協議会を10、11日に臨時議会を12日に行うことを決定しました。副議長、常任委員会委員、監査委員等を選任します。


○宮崎北警察署に新しく開通した市道北権現通線の信号機設置で陳情(2002・4・3)


○西都市議選の候補者を激励(2002・4・1)
  21日投票で実施される西都市議選の小浦紀男予定候補(5期目)、浜砂松生予定候補(新人)の激励に岩切幹事長、松村副幹事長と行って来ました。地方の議席を守ることが社民党の明日を開きます。必ず勝利しましょう。
夕方から、県労組会議との定期協議。

このページのトップに戻る