社会民主党宮崎県連合代表 鳥飼謙二 社民党
  とりがい政策 宮崎議会質問 社民党とりがい理念 とりがい日記 私の活動日誌 とりがい謙二のあゆみ 事務所・後援会

活動日誌 2001年9月
○青年・女性の政治セミナー「やっちみろかい政」盛り上がる(2001・9・29)
 社民党宮崎県連が初めての試みとして、市民運動の皆さん達と実行委員会を結成して取り組んだ青年と女性のための政治セミナー「やっちみろかい、政」が、福島瑞穂参議院議員を講師に迎え行われました。みやざき会館の会場は110名の生徒で一杯となり、鳥飼校長が「社民党の政策が国民に求められる日がきっと来ると信じ、その日まで地方で灯火をともし続けます。今日はその第一歩です」と挨拶しました。福島参議は、「今回のテロを契機に、この際憲法改正しよう。しかし、その手法は、解釈改憲を進めて実質的に改憲した後に、国会での改憲手続きしようという極めて汚いやり方が目論まれている」と危機感を露わにしました。終了後、福島議員とお茶を飲みながら懇談し、交流を深めました。
 次回は、10月13日午後1時、場所はみやざき会館、講師は原陽子衆議院議員です。申し込みは、社民党県連(電話24−3788)か鳥飼謙二までご連絡下さい。
 
   セミナーの校長としてあいさつ   講演する福島瑞穂参議院議員


○9月定例県議会閉会(2001・9・28)
  商工建設常任委員長として審議の状況を報告し、その後一般会計補正予算案等19議案を原案どおり可決。又、請願33号「アーケード専用料に関する請願」ほか5請願を継続審議とし、議員発議案「義務教育国庫負担制度の堅持に関する意見書」「地方バス生活路線の確保に関する意見書」等8意見書を採択して閉会しました。
 午後、幹事長会議の合意を受け議会運営委員会で決定された県議会情報公開条例小委員会が開かれ、本県条例、他県の条例等を検討していくことを申し合わせました。社民党からは私が委員で参加します。夕方から、山形屋前で13回目の定例街頭宣伝に参加し、県議会報告と併せ、米同時多発テロへの武力では解決できないこと、日本は自衛隊派遣ではなく平和貢献を行うべきと演説しました。私たちの主張に対してチラシを受け取る市民の反応はいつもより真剣な感じでした。
 チラシ配りに参加していただいた皆さん、ご協力ありがとうございました。スピーカーは、鳥飼、高見、岩切、中川議員でした。

 

 13回目となった社民党定例街頭宣伝(山形屋前)


○自治労大会で社民党を代表して連帯あいさつ(2001・9・27)
 サンホテルで開かれた自治労大会に社民党を代表して出席し、「参議院選挙での支援へのお礼、街頭宣伝や政治セミナーなど日常活動を強化します」と連帯挨拶を行いました。  夕方から、議会運営委員会に出席。自民党県議団1会派の天上天下唯我独尊で議論がなかなかまとまりませんでした。


○檍地区老人クラブ体育祭に出席(2001・9・26)
 約300人が参加して新別府自治公民館南西広場で開かれた檍地区老人クラブ連合会主催の第36回体育大会に出席しました。一ツ葉保育園児のダンスなどを楽しんだ後、ゲームを主体とした競技を楽しんでおられましたが、大会には、私たちの大先輩である野別元参議院議員も単位クラブの会長として率先して参加されており、東選挙を始めその情熱には本当に頭が下がります。
 午後は、議会運営委員会で議員初議案等の協議。決まり事を守らない議員がいて本当に困ります。横車としか思えない。この議論の延長が、2年前の県議会での中学校従軍慰安婦の記述削除意見書の強行で会ったことを考えると何としてもやめさせなくてはなりません。

 

 野別元参議院議員も活躍した檍老人クラブ体育祭


○宮崎市選出県議会議員と宮崎市長との懇談会に出席(2001・9・25)
 ホテルプラザで11時30分より開かれた津村市長と市選出県議会議員との懇談会に出席しました。津村市長と関係部長から宮崎市政の7つの課題@ごみ処理広域化施設県費補助、A障害児歯科口腔ケアセンター県費補助、B東九州自動車道早期整備、C河川改修、D天満橋等の早期完成、E宮崎市営球場譲渡問題、F青島地区の活性化について概要説明を受けました。時間もなく、私からは法的問題はあるが宮崎市は、県と協力して青島ホテルの撤去を急ぎ観光再生を図るよう強くお願いしました。
 カレーをご馳走になって30分程度の説明の後の意見交換となり、突っ込んだ議論はほとんど出来ず残念でした。
 終了後、党議、常任委員会で議案を全員一致で採決、夕刻より参議院選挙5団体の総括会議。
 

○青葉自治会敬老会で介護保険の現状についてミニ講演(2001・9・24)
 近くの老人ホーム松の寮の入居者を招待して青葉公民館で開かれた敬老会で介護保険の現状と問題点について報告しました。10月からの保険料全額徴収もあるせいか、約80人の高齢者のも皆さん方は真剣そのものでした。式典後、食事をしなががら踊りを楽しむなど交流を深めました。


○働馬寄自治会敬老会に出席しました(2001・9・22)
 働馬寄自治会の敬老会に出席しましたが、どこでも大変賑やかです。夜は美松区会の役員会。


○日本スポーツマスターズ宮崎大会開会式に出席(2001・9・21)
 35歳以上の中高年を対象にした第1回日本スポーツマスターズ2001宮崎大会の開会式典がシーガイアで開かれ参加しました。シンボルメンバーの野球の衣笠選手、ボーリングの中山選手等が参加、しかし、バスケットの岡田選手の2メートルを超す身長には度肝を抜かれました。私自身は、毎早朝のウォーキングとストレッチ体操や腹筋、腕立て伏せ等で頭のリフレッシュを兼ねた健康管理に努めています。
 

「鉄人」衣笠祥雄氏と


○商工建設常任委員会開かれる(2001・9・20)
 宮崎港マリーナに新たに整備したシャワー室(200円)及び船台(500円)の使用料を決める宮崎県港湾管理条例改正案のほか、シーガイア、イオンモール(株)等について部長、関係課長から説明を受けました。シーガイアとの覚え書きについては、これ以上県が拘束を受けるものではないとの答弁を確認しました。
 委員会終了後、幹事長会で国勢調査数値確定に伴う定数是正問題を協議するも結論出ず。社民党の「特別委員会を設置すべき」の意見の外、「議長の諮問機関とした検討委員会を設置すべき」との意見が出されました。しかし、「設置の必要性を認めない」などの議論は県民を愚弄する極めて非生産的なものであります。


○28回目の本会議登壇、一般質問に立ちました(2001・9・19)
 17日からの一般質問の最終日、22回目の一般質問に立ちました(代表質問4回、一般質問22回、総括質疑2回)。今回は、@雇用問題、A介護保険、B小児救急医療、C税務行政について、知事、副知事、総務部長等の関係部長等に質問しました。質問要旨は近くアップ致します。
 夕方から、宮崎観光ホテルで開かれた九州労金発足に伴う宮崎県労働金庫の解散レセプションに出席。でっかくなっても労働者の助け合い銀行として頑張って下さい。

 

県議会壇上で質問 自席から再質問


○中学校の運動会出席(2001・9・16)
 秋晴れのもと、地元檍中学校と母校西中学校の運動会に出席。棒倒しや徒競走など結構力が入ります。一生懸命頑張っているところが感動的ですね。又、来年も応援に行こうという気持ちになりました。午後は、県議会林業活性化議員連盟総会で宮崎市民文化ホールへ。


○地元老人クラブの敬老会に出席(2001・9・15)             
 今日は敬老の日です。午前中は地元の老人クラブの敬老会に出席。午後は小戸小学校時代の同級生5人で小学校時代の恩師白糸千尋先生を宮崎市有田の自宅にお訪ねしました。先生は5年と6年の時の担任で今年で85歳になられましたが、これからもお元気にお過ごし下さいと長寿をお祝いしました。


○県議会代表質問始まる(2001・9・13〜9・14)
 代表質問が始まりました。社民党の今回の代表質問は、田中義春議員が14日に行いました。夜は、県職現業労組中央支部の交流会でボーリンリング大会あり参加しました。成績は154点と123点合計277点で48人中22位でした。私に取っては最高!   

○税務行政実態調査で宮崎県税事務所訪問(2001・9・11)
 悪徳業者の軽油引取税の脱税を未然に防止した宮崎県税事務所を訪問し原田所長を始め関係職員の皆さん方から、現状をお聞きしました。少ない職員で本当によく頑張っています。東京都の主税局職員は約5000人、宮崎県は200人、法定外普通税の検討など地方分権の時代を迎えスペシャリストが求められています。


○9月定例県議会開会(2001・9・10)
 いよいよ今日から9月議会が開会。一般質問のための資料集めや実態調査に大わらわです。夜は、丸山裕三元県議会議員の叙勲祝賀会に出席。


○原爆犠牲者慰霊平和式典(2001・9・9)
 広島や長崎で被爆した人やその遺族など150人が参加して宮崎霊園で行われた原爆犠牲者慰霊平和記念式典に出席しました。全員で黙祷した後、仁木巌雄会長が「地球から核兵器を廃絶するため運動の輪を広げよう」と挨拶し、全員で「原爆許すまじ」を合唱して献花、原爆犠牲者の冥福を祈り核廃絶を誓いました。式典終了後、近くの駐車場に置かれたテントで交流を深めましたが、被爆者の高齢化など一般の県民の運動への参加の必要性を痛感しました。
 午後は、市民文化ホールでの2001スターダンサーズバレー団宮崎公演「ドラゴン・クエスト」を鑑賞しましたが、舞うように踊るダンサーとその煌びやかさに圧倒されました。文化に遠い私ですが、何とか近づこうとした時間でした。

 

原爆犠牲者慰霊平和記念式典(宮崎霊園) 献花する式典参加者(同)


○社民党参議院選挙比例区選対で総括(2001・9・8)
 宮崎市職現業評議会のミニバレー大会が北部記念体育館で行なわれ、プレーと抽選会で交流を深めましたが、私は激励あいさつだけで失礼しました。その後、参議院選挙比例区選対総括会議に出席。


○「どうする地方交付税」セミナーに出席(2001・9・6〜7)
 自治総研主催の地方交付税の勉強会に行って来ました。小泉首相の聖域なき構造改革の中で1兆円削減が問題となっいる地方交付税を徹底研究するものです。かなりハードなもので報告のまとめにも時間がかかりますが、詳しくは近い内に報告します。
 帰宮後、議会のノーマライゼーションについて毎日新聞の取材を受けました。木曜会で県政の研究。


○高齢者福祉、介護保険で実態調査(2001・9・5)
 介護老人福祉施設「皇寿園」を訪問し、改築準備でお忙しい中、黒木園長さんから介護保険の現状と問題点についてサービス提供事業者の立場からお話を伺いました。施設の運営は、公立民営が現状では最も良い形態ではないか、介護保険は在宅支援という本来の目的を達成できていないのではないか等の意見を交換しました。いろいろとありがとうございました。
 午後、労組会議の幹部と雇用問題等について協議。雇用の確保は待ったなしです。

○障害者雇用促進キャンペーン隊出発式に出席(2001・9・4)
 宮崎県、労働局、障害当事者が参加した障害者雇用促進キャンペーン隊出発式が県庁中庭でありました。議会を代表して、私と満行厚生常任委員会副委員長が出席しましたが、雇用情勢の厳しい今日であればあるほど、障害者の雇用拡大に向けた事業者、行政、県民の理解が深まって欲しいと強く感じました。


○議会運営委員会で9月議会の日程を決定(2001・9・3)


○イオン地権者の皆さん達と意見交換(2001・9・2)

 後援会事務所でイオンモール宮崎店の出店予定地地権者(約120人)会の仁田脇義信会長ほか7人の方とお会いしました。地権者会の申し入れで、「進出のメリットである宮崎の活性化、観光客の増加、税収増やデメリット」等にについて意見を交換しました。宮崎市へのイオン進出問題は、自民党政治が進める例外なき規制緩和政策の是非を背景に「宮崎をどんな町にしていくのかという街づくり政策や大規模店と既存商店街との共存共栄が図られないのか」という様々な問題を私たちに突きつけています。県民挙げての議論により県民が納得のいく決着が求められます。

このページのトップに戻る