社会民主党宮崎県連合代表 鳥飼謙二 社民党
  とりがい政策 宮崎議会質問 社民党とりがい理念 とりがい日記 私の活動日誌 とりがい謙二のあゆみ 事務所・後援会

活動日誌 2001年2月
@国道219号春田バイパスの開通式典に出席(2001・2・28)
 

 
 @2月定例県議会が開会(2001・2・26)

  
 
 
@母の法事と知人の息子さんの結婚式に出席しました(2001・2・25)
 
 
 @社民党比例区選対を発足しました(2001・2・3)

 

  党常任幹事会の後、県労組会議等の関係支持団体の皆さん方と7月予定の参議院選挙比例区選対をスタートし、闘争本部長に就任しました。どうぞ社民党へのご支援をお願いします。合間に代表質問の準備です。
 
 
 
@閉会中の商工建設常任委員会に出席(2001・2・22)
 

  フェニックスリゾート社の会社更生法の申請に至る経過について商工労働部長から説明があり突っ込んだ議論が展開されました。午後は、参考人として、佐藤保全管理人、木許社長から申請に至った経緯や今後の見通しについて説明を受けました。佐藤保全管理人は「今後、基金や公金の投入を要請することはない」明言しました。
 
 
 
@農業試験場の改築問題で現地調査(2001・2・21)
 
  2003年4月オープン予定で改築が進められている県総合農業試験場について、現場の研究員や農業補助員の皆さん、真鍋場長から問題点やご意見をお聞きしました。
 
 
 
@ふるさとバスを守る県民の会キャラバン隊出発式(2001・2・20)
 

  規制緩和の中で切り捨てられる地方のバスを守ろうと県民の会が発足し各市町村への要請行動が始まりました。県庁前に、約100人が集まり出発式がありました。「乗って残そう、ふるさとバス」。午後は、宮崎県腎臓病患者連絡協議会を訪ね、亀川会長、杉本事務局長より話を聞きました。夜は党宮崎総支部の会議に出席。
 
 
 
@シーガイアの会社更生法申請で緊急全員協議会開かる(2001・2・19)
 
  経営に行き詰まっていたフェニックスリゾート社が、本日8時30分宮崎地裁に会社更生法の適用を申請。10時からの議会運営委員会終了後、全員協議会で知事より経緯について説明がありましたので「従業員の雇用の確保と納入業者の保護に万全の取り組みを」発言要望しました。朝5時半の電話招集にはびっくりしました。2月議会は2月26日から3月23日。午後、党議を開きシーガイア問題等の代表質問等を協議後、支持団体との課題別協議。
 
 
 
@横浜市での経済評論家「内橋克人」氏の講演に感動(2001・2・18) 写真1
 
  横浜市桜木町のランドマークタワーで開かれた「福島瑞穂」市民政治スクールで評論家内橋克人氏の講演があり、日帰りで聞きに行って来ました。「政府の市場原理、規制緩和政策の中で疲弊する日本を理念型経済へ構造転換瀬よ」と現場に根ざした話には迫力がありました。無理して行って良かったです。 
 
 
 
@都城市議選挙の予定候補者、選対事務所を激励(2001・2・17)
 

  岩切幹事長、松村副幹事長と一緒に、3月4日投票の都城市議選に立候補予定の社民党公認松永義春氏、森重政名氏、推薦奥野琢美氏の選対事務所と自宅を訪問激励しました。必勝! 夜は小戸小学校の同窓会。ホッとする会です。
 
 
 
@社民党地方議員団会議総会に出席(2001・2・16)
 

  労働会館で開かれた社民党地方議員団会議の総会と研修会に出席しました。途中、精神障害者小規模通所作業所を訪問。土橋正助所長によると後継者問題で悩んでおられるとのこと。障害者の皆さん方が和やかに椎茸の袋詰めの作業中でした。18時からは国鉄闘争の報告集会に参加。
 
 
 
@自治労宮崎県本部の中央委員会へ出席(2001・2・15)
 
  グランドホテルで開かれた第48回中央委員会に社民党を代表して連帯とお礼のあいさつ。夕方、今年3月一杯で県庁を退職される予定の方たちの激励会に出席。
 
 
 
@障害児を持つお母さん達からご意見をお聞きしました(2001・2・14)
 
  県立子ども療育センターの通園部、B型事業、清武養護学校に通う障害児のお母さん達に集まって戴き高見市議会議員と一緒に本県の障害児福祉や子ども療育センターに対する要望についてお聞きしました。「子どもが成長して体重も重くなり入浴させるのに大変苦労しているのでB型事業にも入浴サービスをして欲しい」とか、「始めて障害児を持った親に対して介護や食事介助の指導するところが欲しい」とか、「北九州まで行かなくても良いように子ども療育センターを総合療育センター化して欲しい」など様々な要望が出されましたが、今後その実現に向けて努力する事を約束。午後は、高鍋町美術館で行われた県地方課主催の市町村合併の説明会に急行。夜は今年3月に宮崎市役所を退職される方の激励会に出席。
 
 
 
@親戚の子どもさんの結婚式に出席(2001・2・11)
 

 

 
@第5回目の社民党街頭演説会を実施しました(2001・2・10)
 

  午前中は県職現業労組第43回大会に出席してあいさつ。12時から山形屋前で宮崎市議4名と一緒にチラシを配りながら街頭演説、チラシを受け取った通行人はKSD事件の記事を指差し「これはいかん徹、徹底解明せんといかん」と激励を受けました。自民党を政権の座から引き下ろすために参議院選挙頑張りましょう。しかし、通行人は本当に少なくなりました。夜は交流会に参加。明日は親戚の結婚式です。
 
 
 
@2月県議会に向け県政の課題について現地調査(2001・2・9) 
 

  精神保健センターと子ども療育センターを訪問し、ドクターである細見所長と山口所長から本県の精神保健と障害児の療育体制の現状と課題について、様々な観点からご意見を戴きました。
 
 
 
@地方財政セミナーに出席(2001・2・7〜2・8) 写真1 写真2
 
  熱海市で開かれた自治労・自治体議員連合主催の地方財政セミナーに出席しました。2001年度国家予算案や厳しい地方財政の現状について学者や研究者から報告がありました。地方交付税廃止のでたらめな議論が中央で展開されています。何とか歯止めを掛けましょう。
 
 
@「人権について考える県民の集い」に出席(2001・2・6)
 

  清武町文化会館で開かれた「人権について考える県民の集い」に社民党を代表して出席しました。
  7日に開かれる静岡県熱海市で開かれる地方財政セミナーへの出席のため夕刻上京しました。どうせなら東京でやってもらうのがありがたいですね。
 
 
@シンポジューム「介護保険で老人は幸せか」を聞く(2001・2・5)
 
 
 
@アカウミガメサミットに参加(2001・2・4)
 

  新富町文化会館で開かれた日向灘カメサミットに出席しました。内田至名古屋港水族館長のアカウミガメの話しには久し振りに驚きと感動を覚えました。世界に8種類のカメ。日本で産卵するアカウミガメは、黒潮に乗り子ガメとなってアメリカに渡り、又日本に帰ってきて産卵するがどこで成長するか詳しいことはわかっていない。産卵数が最近減少しており保護が必要だとのこと。知らないことが多く、感動の連続の1日でした。
 
 
@党県連幹事会や県職青年部50周年記念大会と大忙し(2001・2・3)
 
   社民党県連合は、常任幹事会を開き7月の参議院選挙で連合宮崎ブリッジによる統一候補の勝利と3月4日投票の都城市議会議員選挙の完全勝利に向け全力で戦うことを確認しました。又、定期大会を3月17日(土)に開催する事も決定しました。
  昼から、みやざき会館で開かれた県職青年部の第50回定期大会・記念レセプションに出席しましたが後輩達も元気で頑張っています。青年部長が佐藤祐成さんから黒木幸志郎さんへバトンタッチ。佐藤さん、3年間お疲れ様でした。黒木さん、頑張りましょう。青年部が元気だと組合が元気。県政も元気になります。
 
 
 
@県職女性部50周年記念大会とレセプションに出席(2001・2・2)
 

   宮崎空港からそのまま会場である青島パームビーチホテルに直行しました。途中からでしたが大会に参加し傍聴しました。職場での衛生管理委員会での取り組みなど地道な活動が報告されたあと新役員を選出。大会終了後に、婦人会議の上野とし子さんから被爆体験を踏まえた国際交流の話があり、元気とやる気が出ました。
 
 
 
@韓国釜山市のカジノの現状と北九州市を調査(2001・1・30〜2・2) 写真1  写真2
   カジノの問題は、宮崎市議会が9月に請願を採択、一方県議会で継続審査となっています。県民の間でも賛否両論多くの意見が出されていますが、社民党調査団の1人として韓国釜山市のカジノの現状を調査しました。釜山広域市の林観光局長と(株)パラダイス釜山の金国内販促係長から施設数や従業員数、売上高等についてお聞きしました。特に、賭博性の問題については「外国人専用カジノであれば問題は発生していない」との見解でした。但し、「国民向けにはカジノ中毒による家庭の崩壊や犯罪の増加等が考えられるので、釜山市では全く考えていないと即座に否定された」のが印象的で大変拒否反応が強いように感じました。
このページのトップに戻る