社会民主党宮崎県連合代表 鳥飼謙二 社民党
  とりがい政策 宮崎議会質問 社民党とりがい理念 とりがい日記 私の活動日誌 とりがい謙二のあゆみ 事務所・後援会

活動日誌 2001年1月
@西都市長に日野光幸氏が初当選(2001・1・28)
 
   三つ巴の激戦を制し、元社民党県議の日野氏が大差をつけ当選しました。今後の西都市の発展に向け同氏の活躍が期待されます。私も27日には西都市の労組選対に詰め最後の取組みに参加しましたが、本人の地を這う努力と多くの人々の支援が当選を勝ち取ったと言えます。皆さんありがとうございました。
 
 
 
@南高校2回卒役員会で同窓会を8月4日(土)に内定(2001・1・26)
 
 
 @特別委員会で観光関連団体の皆さんと意見交換(2001・1・25)

  
   観光・雇用対策調査特別委員会は、本県観光の再生の手掛かりを探るため観光関連団体の皆さん方と2回目の意見交換会を開きました。 「県内44市町村を紹介する物産展示場の設置」や「知事は社長、議員は専務です。県民挙げて宮崎県を売り込もう」とのユニークで熱意のこもった意見等々が出され内容の濃い意見交換が出来ました。シーガイアの抜本的再建計画の提示期限も迫っていますが、力を合わせ観光宮崎をつくりあげましょう。会終了後、会費による懇親会を開き議論を深めました。
 
 
 
@県議会幹事長会議で政務調査費について議論(2000・1・24)
 
 

 @西都市長選挙に元社民党県議日野光幸氏立候補(2001・1・21)

 
   西都市長選挙が告示され、市長候補の元社民党県議日野光幸氏は選挙事務所に集まった1000人の支持者を前に「西都市を元気のある町にするため農業、商業の振興と併せ西都原古墳群を活用した地域づくりを取り組みます」と決意を述べ、市内の遊説に出発しました。選挙は無所属3人の争い。
 
 
 
@高等学校教育予算確保の知事等への要請行動に参加(2001・1・18)
 
  高等学校教職員組合は、宮崎市で宮崎県高校教育振興大会を開き県立高校の募集定員の推移と今後の生徒数の動向を勘案した30人学級の実現や中途退学者対策等の「県立学校白書」を発表しました。その後、教職員や父母の代表が県知事や県教育長に教育予算の確保等要請行動に同行しましたが、1964年からの息の長い取組に頭が下がります。
 
 
 
@高見市議とあいさつ回り(2001・1・17)
 
 
 @党議で2月議会対策等を協議(2000・1・16)

 
   社民党県議団は、県議会で今年初めての党議を開き2月26日開会予定の2月議会での質問者や質問項目等の2月議会対策や県外視察等について協議しました。代表質問は鳥飼謙二議員、一般質問は田中義春議員に決定。党議後、甲斐、田中、満行、鳥飼の4名で西都市訪問し21日告示予定の西都市長選挙に出馬予定の日野光行氏を激励しました。夜は友人の母上のお通夜に出席。
 
 
 
@県職本庁旗開きに参加(2000・1・15)
 
 
 @部落解放新春講演会・旗開きに出席しました(2001・1・14)

 
   部落解放同盟宮崎県連合会主催の部落解放新春講演会・旗開きが宮崎市グランドホテルで200名が参加して行われました。山崎正則委員長は「21世紀は人権の世紀です。差別の根絶に向けて頑張りましょう」とあいさつ。私は「平和・人権・民主主義の日本国憲法を守り育てましょう」と訴えました。旗開きでは樋口副委員長の軽妙な司会の元に、アルコールもはいり交流を深めました。「21世紀は人権の世紀と言うが現実は厳しく差別の解消は本当に難しい」との声が参加者からも出るなど真剣な取組みが求められます。
 
 

 
@社民党の旗開きが盛大に開かれました(2001・1・13)  写真
 
   社会民主党県連合と宮崎総支部主催の2001年旗開きが、宮崎市労働会館で党員や各労働組合、民主団体の代表約200名が参加して開かれ、1月28日投票の西都市長選挙、3月4日投票の都城市議会議員選挙、7月29日投票予定の参議院選挙での勝利を誓い合いました。参議院選挙は、連合宮崎を仲介に無所属統一候補の擁立が協議されており、何としても自民党の一角を崩すため頑張ろうとの声が上がっていました。統一候補の実現に向けて全力で頑張ります。
 
 
 
@全農林県協議会の旗開きに出席(2001・1・12)  写真
 
   日中は、満行県議、松永都城市議、高見市議で都城地区の県関係職場の挨拶回り。、
 
 
 
@宮消協の旗開きに出席(2001・1・11)
 
 
 @県労組会議の旗開きに出席(2001・1・10)

 
   宮崎県平和・人権・環境労働組合の2001年旗開きが、各労働組合や民主団体の幹部、松形県知事等約300人が出席して開かれました。
   戸議長は「生産重視ではなく、生活重視に社会のすべてのシステムを変えていこうと挨拶。例外なき規制緩和や市場経済万能論ではなく勤労者や社会的弱者の声を反映する政治の実現が求められています。日中は宮崎市内の挨拶回り。
 
 
 
@各企業・職場のあいさつ回りスタート(2000・1・9)
 

   今日から本格的に各企業・職場の挨拶回りに入りました。県庁、市役所、企業、施設等など県内を回ります。
 
 
 
@成人の皆さんに社民党をアピール(2000・1・8)
 
  約1900人の新成人が参加し宮崎市民文化ホールで行なわれた宮崎市成人式に出席しました。津村宮崎市長の式辞と新成人による「誓いのことば」、市議会議長の祝辞という簡素でさわやかな式典でした。ややざわついていたものの他県ではクラッカーをならすなどの大変な式典もあったようですが、皆さんは成人式についてどう思われますか?ご意見をお寄せ下さい。
  式典に先立ち、会場入り口で党員10人で土井党首のメッセージを配り、最近購入した大五郎でお祝いの街頭宣伝を行いました。
  又、12時からは社民党の決意のチラシを配布しながらの定例の街頭リレー演説を山形屋前で行いましたが、社会新報号外配布を手伝う市民の方もおられるなど市民の社民党に対する暖かい支援の思いを感じました。
  次回は、2月10日(土)12時の予定です。青年女性の皆さんチラシ配布にご協力下さい。
 
 
 
@宮崎市消防出初め式に出席(2000・1・7)
 
 
 @宮崎市中央卸売り市場の初商い式に参加(2001・1・5)

 
   宮崎中央卸売り市場の水産部、青果部、花卉部等で仕事始めとなる初せりが行われました。初せりに先立つ式典では、大田原市場長が開市宣言し宮崎市長等が挨拶の後初せりが行われました。冷え込みの厳しい中にも清々しい感じで勢いの良いかけ声が飛び交いました。しかし、規制緩和の中で市場にも新しい波が押し寄せているとのことですが市民の台所を大切にする流通体制を整備することが求められます。夕方から連合宮崎の旗開きに出席しました。
 
  
 
@アカウミガメの生態の話しに驚く(2001・1・4)
 
   絶滅危惧種となったアカウミガメの保存に取り組んでおられる佐土原四万十会の皆さんにお会いしました。代表の方のお話によりますと、宮崎の海岸で生まれた亀はアメリカ西海岸に渡り、右回りで35年後位に日本に帰って卵を産むとのことで、何とか保護の体制整備を図りたいとのお話に大変驚きました。2月4日(日)10時20分から新富町文化会館で「四万十帯日向灘カメサミット」を開催予定とのです。21世紀は環境の世紀,しっかりした保護策を取り組みましょう。
 
 
 
 
@子ども療育センター新年昼食会に参加(2001・1・4)
 

   恒例の子ども療育センター新年昼食会に、高見市議、県職労の役員と一緒に参加しました。日頃重度の重複障害児のお世話をされている医師、看護婦、保育士、理学療法士などの皆さんと昼食をとりながら本県療育の現状とセンターの在り方について意見交換しました。何故、宮崎県民が福岡県まで検査に行かなくてはならないのか、県内で障害の発見、診断、治療、療育などが完結する体制の整備が求められます。午後、商工会議所主催の賀詞交換会に出席。1000名の出席者で観光ホテルの会場は多くの人で溢れていました。
 
 
 
@宣伝カーで市内を新年挨拶回り(2001・1・2) 写真 写真2
 
  恒例の宣伝カーでの市内新年挨拶回り。車を止めて街頭から又車を走らせながら、そして家庭訪問し議会便りを手渡しながらの挨拶でした。冒頭写真は青島で、地元の子どもたちとの記念写真です。今年で11回目になりました。運転の徳留さん、案内の山下さん、正月草々ご協力ありがとうございました。
 
 
 
@宮崎市一ツ葉浜の海岸で初日の出を拝む(2001・1・1)
 
   支持者である実践倫理宏正会の役員の方よりのお薦めがあり朝5時からの元朝式に出席。その後自宅近くの宮崎市一ツ葉浜の海岸で初日の出を拝む。2年前からでしょうか浜辺で海水に浸かりながら空手の寒中稽古をやっています。約30人、子どももいます。波島地区の有志の方が豚汁、ぜんざい等を振舞っておられ豚汁を戴く。鼻水を垂らしながらふうふう言って食べるが、熱くてとてもおいしい。7時25分頃ご来光を戴く。21世紀の初日を前に「家族の健康と社民党の出番の世紀」となる事を念じました。そして午前中は団地の挨拶回りです。
このページのトップに戻る