社会民主党宮崎県連合代表 鳥飼謙二 社民党
  とりがい政策 宮崎議会質問 社民党とりがい理念 とりがい日記 私の活動日誌 とりがい謙二のあゆみ 事務所・後援会

活動日誌 2000年12月
★各消防署を仕事納めの挨拶回り(2000・12・30) 写真1 写真2
 
  各消防署を役員の皆さんや中川市議と激励とお礼を兼ねて訪問しました。各消防署は、24時間勤務のため今日の勤務は29日とは別の片隊の皆さんです。「盆正月も関係なく県民の生命、財産を守るための日夜の消防・救急活動、本当にお疲れ様です。21世紀が平和・人権・環境・教育の世紀になるよう頑張りましょう」と激励。本当に多くの人々の活動により社会の安全が保たれている事をあらためて実感しました。
 
 
 
★市清掃事務所、各消防署を仕事納めの挨拶回り(2000・12・29)
 
  官公庁は年末年始の休暇にはいりましたが、仕事を続けている南部、中部、東部の各清掃事務所と宮崎消防局南署、中部出張署、北署、東分署を役員の皆さんや中川市議と激励とお礼を兼ねて訪問しました。
 
 
 
★県庁各課を高見市議と仕事納めの挨拶回り(2000・12・28)
 

 

 
★宮崎市役所各課を中川市議と仕事納めの挨拶回り(2000・12・27)
 
 
 ★アジア・アフリカ救援米行動に参加(2000・12・24)

 
   「水とみどり、水を守る宮崎県民の会」は、宮崎市若草通り商店街で飢餓に苦しむ開発途上国に救援米(1430キロ)を送ると共に食の大切さを訴えるためのカンパを通行人に訴えました。街頭での80キロの餅つき、又会員である生産者の提供による大根、白菜、人参、トマト等の野菜の無料配布もあり市民の関心も高いようでした。今回は私は、2臼頑張りました。
 
 
 
★定例の社民党街頭演説会に参加しました(2000・12・23) 写真
 

  毎月一回の定例街頭宣伝を、宮崎市山形屋で県連手作りのチラシ1000枚を配りながら行いました。各弁士は県議会や宮崎市議会の11月定例議会の状況を報告。その他平和問題、福祉問題は身近な問題だけに通行人から「頑張ってください」と激励を受けながらの演説会となりました。次回は、成人の日の1月8日(月)12時からの予定です。
 
 
 
★「ふるさとバスを守る宮崎県民の会」が発足しました(2000・12・22) 写真
 
  労働組合や民主団体で構成する「ふるさとバスを守る県民の会」が宮崎市の労働会館で開かれ、需給調整規制の緩和による地方の交通路線の廃止に対してアンケートを実施やバス再生委員会の設置などの県民運動を進めることを決めました。私鉄総連の高城武副委員長の基調講演、末藤孝宮崎交通運行管理課長から乗合バスの現状が報告されました。
 
 
 
★偏向教科書採択求める請願に反対討論、県議会閉会(2000・12・19)
 
   県議会は、最終日の本日国の経済対策に呼応した一般会計補正予算案等23議案を原案どおり可決して閉会しました。なお、歴史の抹殺を目論む「歴史教科書を考える宮崎県連絡協議会」から出された請願「中学校社会科歴史教科書採択正常化に関する請願」は自民党と無所属議員の賛成多数で採択されましたが、鳥飼謙二議員は社会民主党を代表して、総務警察企業常任委員長への質疑と請願採択の反対討論を行い問題点を徹底追及しました。
 
 
 
★各総会や忘年会に忙しい日でした(2000・12・16)
 

   お昼は、牧水で行われた県庁職員退職者会臨時総会に出席し懐かしい先輩方にお会いしました。皆さん、本当にお元気です。最高齢は宮崎支部の加地慎槇蔵さんです。自転車で来られたとのことでした。夜は、宮崎市聴覚障害者協会(松浦邦晴会長)の忘年会と県職青年部、現業労組の合同忘年会にはしごで出席しました。
 
 
★本会議。委員会に出席(2000・12・11-−12・15)
 

   本会議での一般質問に引き続き、商工建設常任委員会、雇用・観光調査特別委員会での審議が行われました。特に、委員会ではシーガイアの再建問題について議論が集中しました。私は、「会社の再建は、昨年の基金創設を認めた原点である@従業員の雇用の確保、A300社と言われる納入業者の経営維持等が前提であること。当然、産業再生法、会社更生法の適用は行われないこと」の明言を求めましたが、商工労働部長からの明確な答弁はありませんでした。
  
 
 
★「芥川仁写真展」に行ってきました(2000・12・10) 写真
 

   ブラジルやナミビア等4カ国の子ども達の日常を撮った芥川仁さんの「21世紀・希望の子ら」は日本人が失った感性が映し出されているような気持ちのする感動的な写真展でした。
 
 
 
★「12・8平和の集い」に参加(2000・12・9) 写真
 
  
   平和と民主主義のための県民連合主催の「12・8平和の集い」に参加しました。元小学校教師で清武町議会議員を3期された松田昭一さんは「政治家が腐敗すると軍服が清潔に見えてくる」と題して、教師としての永年の経験を踏まえた最近の教科書改悪の動きを紹介。「今、日本は曲がり角にきている、過去の戦争を伝えるだけでなく、戦争が廊下に立っている、戦争が未来に用意されるつつあることを教師だけでなくすべての人が真剣に考えていくべきだ」と強調されました。私から、県議会での「中学校歴史教科書採択適正化に関する意見書を求める請願」の動きについて報告しました。午前中、平和を求める宮崎県女性連絡会議の総会であいさつ。
 
 
 
★一般質問で壇上へ(2000・12・7・)
 
  本日から一般質問が始まり、2番手で壇上に立ちました。質問項目は@食事と健康、A市町村合併、B児童虐待、C雇用問題等ですが、切り口に苦労しました。その概要をご覧下さい。食事の大切さを学び、生野菜などのサラダを食べて元気な子どもになって欲しいものです。そう言えば宮崎のサラダバーの草分け「サーカスハウス」のサラダは果物やデザートを入れて40種類をこすとの事。私も良く行きますが大淀川橘公園にあり、食事も値段が手頃でサラダバーは食べ放題です。一度お出かけ下さい。
 
 
 
★決算委員会で各主査より審査結果の報告(2000・12・5)
 
  
 
★檍中学校で学校給食の実態調査(2000・12・4)
 
   地元の檍中学校にお邪魔して、田中校長先生にお話しを聞きながら給食を戴きました。献立は、ごはん、マーボー豆腐、中華風サラダに牛乳でしたが、味付けも大変良くおいしく戴きましたが生物は入っていません。食事後  栄養士さん、校長先生と配膳や教室での食事の状況を見せていただきました。器のアルマイトが残念でした。大変ありがとうございました。
 
 
★党県連合幹事会・各支部代表者会議に出席(2000・12・3)
 

  
 ★故・片山金兵衛氏追悼ゴルフ大会に参加しました(2000・12・2)

 

   初代のとりがい謙二後援会長で大変ゴルフが好きだった片山金兵衛さんを偲ぶゴルフ大会が49人が参加して佐土原町の国際ゴルフ場で開かれました。「77歳の喜寿を迎えたら7×7=49人でゴルフコンペをしよう」との片山さんの遺言に沿って企画されたものです。とりがい謙二も12月1日で2回り年下の53歳になりました。大変お世話になった片山さんの事を思い出しながらのゴルフでしたが成績はなんと116、しかし実力かもしれません。どなたか、誘ってください。  

 

このページのトップに戻る