お知らせ&ニュース

2015年4月29日:これまでのご支援に感謝します。
若草が萌え、若葉の緑が目に染みる頃となりましたが、皆さま方にはお元気にお過ごしのことと思います。いよいよ4月28日の任期満了を持って県議会議員を引退いたします。思えば1990年(平成2年)7月の補欠選挙から7期24年弱の議員生活でした。
この間、県当局や圧倒的多数の自民党議員に対峙すべく猛勉強と実態調査を重ね、それなりの存在感を示すことができたのではないかと思っています。若者の雇用や医療・介護・福祉、産業の振興、教育など多くの課題に取り組みましたが、このような活動ができましたのも多くの皆様方のご支援の賜物でございます。本当にありがとうございました。これからは一市民として宮崎県の発展に努力したいと思いますのでどうぞよろしくお願いいたします。
2014年12月17日:良いお年をお迎え下さい。
今年も残すところわずかとなりましたが、景気は良くならず、政治は変化せず、集団的自衛権や特定秘密保護法などこの国が危険な方向に進んでいくようで心配です。来年こそは是非良い年になって欲しいものです。11月議会便りをアップしましたのでお読み下さるとうれしいです。1年間お世話になりました。皆様方には良いお年をお迎え下さい。
2014年11月10日
晩秋の候、みなさまにはお元気にお過ごしのこととお喜び申し上げます。お知らせが遅くなりましたが、9月議会便りを更新していますのでご覧ください。又、間もなく11月議会が始まります。県政の課題等ございましたらお知らせください。よろしくお願いします。
2014年4月16日:厚生常任委員会、人口減少・地域活性化特別委員会に所属しました。
春暖の候、皆様にはお元気にお過ごしのことと思います。
16日の臨時議会で議会内役員の改選があり、新年度がスタートしました。私は、新年度は厚生常任委員長、人口減少・地域活性化特別委員として活動することになりました。どうぞよろしくお願いします。
なお、議会便りを更新しましたのでご覧ください。
2014年1月1日:明けましておめでとうございます。
県政最大の課題は、農畜産業や観光業など宮崎県経済の浮上と安心して働ける職場の確保です。不安が募るのは、安倍自・公政権の急速な国家主義的政策です。
「国民主権」の意味をかみしめ、人としての自由と平等・武力によらない平和・世界の人々との友情を大事にする多くの皆さんと手を携えて、安心してくらせる社会づくりに邁進します。
又、社民党県連代表に復帰しました。よろしくお願いします。
2013年11月18日:9月議会便りを更新しました。
私のミスから9月議会便りの更新が遅れました。紙では印刷したのですが、アップするのを忘れていました。申し訳ありません。
また、11月議会が22日から始まります。今回は代表質問はありません。社民党の一般質問は太田清海議員と高橋透議員の予定です。よろしくお願いします。
2013年9月23日:代表質問を行いました。
暑さ寒さも彼岸までと申します。今年は本当に暑い夏でしたので、秋をしっかりと楽しみたいですね。
9月県議会が開かれ社民党を代表して質問しました。質問内容は‘蚕制など知事の政治理念、▲奸璽疋咼献優后↓社会保障制度と県病院の決算、ぞ男匹旅域化は地域の実態を考えて、ゾ祿下圓慮柩僉↓ζ以愛護センターの建設推進、Ыこ慘更塒驚廚粘儻客増を、┰電拆祿下圓梁膤惱こ悄↓交通渋滞対策についてです。議会便りは終了後にアップ予定ですが、当面宮崎県議会のインターネット中継をご覧ください。
2013年7月9日:6月議会便り(NO54号)を更新しました。
暑中お見舞い申し上げます。皆様にはお元気でしょうか。
いよいよ参議院選挙が始まりました。この国の未来をどのように選択していくのかが問われています。「暮らしと平和」がモットーの社民党へのご支援をよろしくお願いします。
6月議会便りをアップしました。是非、ご覧いただきご意見をくだされば幸いです。
暑い日が続きますのでお体ご自愛ください。
2013年4月3日:議会便り3月号(NO53)を更新しました。
陽春の候、皆さま方にはお元気にお過ごしのこととお慶び申し上げます。
アベノミクスに大きな期待がかけられていますが、景気回復の最善策は、GDPの6割を占める家計消費にあります。多くの識者が言うように、景気回復には賃上げが最善ではないでしょうか。
県議会便り3月号を作成しましたので、是非ご覧ください。
2013年2月21日:2月定例県議会が開かれます。
三寒四温の頃、皆様にはお健やかにお過ごしのことと思います。
明日22日(金)から3月21日(木)まで2月定例県議会が開かれます。
フードビジネスの展開など平成25年度の宮崎県一般会計当初予算5661億円や副知事二人制度等について提案される予定です。
又、国の補正予算を受け約400億円の補正予算が追加提案されることになっています。ていねいに審議していきたいと思います。今議会の社民党の代表質問は高橋透議員、一般質問は私の予定です。県政への課題等ございましたらご連絡いただきますようお願いします。遅くなりましたが、議会便り1月号を更新しましたのでご覧にいただければ幸いです
2013年1月1日:今年もよろしくお願いします。
謹賀新年。7期目折り返しの年23年目を迎えました。これもひとえに皆さま方のご支援の賜と心から感謝します。今年もどうぞよろしくお願いいたします。
2012年11月21日:11月議会が始まり、勤続20年を受賞しました。
11月県議会が開会しました。宮崎県では、記紀1300年を観光客誘致につなげようと様々な事業を取り組んでいますが、その一助にと古代衣装を着込んでの本会議とでした。又、本会議終了後、議長室で全国議長会による永年勤続表彰の伝達式があり、勤続20年の表彰を受けましたが、これも偏に支持者をはじめ多くの皆様方のご支援のたまものと心より感謝申し上げます。
11月議会の主な議案は、一般会計補正予算4億992万円等で、27日から一般質問が始まります。又、総選挙が行われため急遽9億4614万円の補正予算が追加上程され可決されました。今回は、27日11時から高橋透議員、29日13時から太田清海議員が登壇の予定です。
2012年11月1日:議会便りを更新しました。
晩秋の候、皆さまにはお元気にお過ごしのことと思います。長かった9月議会も10月12日に終わりました。今は、議会便りを持って地域回りをしています。早いもので今年も残り2ヶ月となりましたが、11月6日から地域医療特別委員会の県外視察などがあり、今年締めくくりの11月定例県議会が21日から始まります。県政へのご意見・ご提言がありましたらメールや電話でお知らせ下さい。よろしくお願いします。
2012年9月15日:9月県議会が始まりました。
あの暑かった夏も過ぎて、朝夕は大変過ごしやすくなりました。皆さん、お元気でしょうか。計画停電も結局1回もなくて本当に良かったですね。市民や事業者の皆さん方のご協力も大きな力となったと思いますが、原発はなくてもが夏を乗り切れるということがわかりました。日本は、いよいよ脱原発に進む時が来たということだと思います。
私は、今年の夏は9月議会の代表質問の準備にすべてを充てました。 学校などの関係機関を回ったり書籍の読破、資料集めと大わらわでした。そんなことで活動日誌や日記も更新できなかったことをお詫びします。9月議会の代表質問は県議会のホームページから入れますので、 興味のある方はご覧ください。
2012年7月9日:政治の逆行が始まっています。
本格的な夏を迎えましたが、お元気でしょうか。原発を動かさないと大変なことになるぞとばかりに計画停電の話題で持ちきりです。農家も工場も家庭も大童です。でも、自然エネルギー買い取り制度も始まりました。使うときは使う。節電するときはしっかりと節電する。生活のスタイルを変えて原発廃止に向けてて頑張りましょう。6月議会では、知事のリーダーシップが議論となりましたが、正しいリーダーシップを発揮して欲しいものです。民主党による政・官・業・米にすり寄る政治の逆行が始まりました。分裂は当然ですが、野田政権の消費税や原発に対する対応はひどすぎます。何故、東北地方の復興を最優先しないのでしょうか。ところで、議会便りを更新しました。ご覧いただきご批判くださればありがたいです。
2012年6月8日:6月議会が始まりました。
雨に洗われた庭のあじさいが輝く頃となりましたが、皆さまお元気でしょうか。今日から6月定例県議会が始まりました。今議会は大きな議案がなく、瓦礫処理や口蹄疫からの復興、古事記1300年事業などの県政の諸課題が議論となるようです。一般質問は13日〜19日までで社民党は高橋透議員と私が登壇予定です。私は、原子力発電、瓦礫処理、消費税と子ども子育てプラン、県職員の人材育成、国際音楽祭、社会福祉事業団改革、公益法人改革等を予定しています。皆さまからもご意見がありましたら、是非お寄せ下さい。よろしくお願いします。
2012年2月10日:寒中お見舞い申し上げます
寒中お見舞い申し上げます。毎日如何お過ごしでしょうか。暖かくなったり急に寒くなったりと気温の変化が大きくなりました。体調管理にお気をつけ下さい。
2月定例県議会が24日(金)から始まります。2012年度の一般会計予算は前年比1.3%減の5728億円(今回設置した公債管理特別会計分を純計すると前年比97億円1.7%増の5902億円)となっています。社民党の代表質問は太田清海議員、一般質問は高橋透議員の予定です。私は、今回登壇の予定はありませんが県政への疑問点や改善点がありましたらEメールか電話でご連絡いただければありがたいです。
ところで、先日福島県の南相馬市に行ってきました。桜井市長は、「一時は7万人の人口が1万人にまで減少したが、市役所機能を移さなかったことが良かった。今日の南相馬市の再生に繋がっている。警戒区域が解除される今年が再生への正念場です」と精悍な感じで話しておられました。詳しくは、活動日誌でご報告します。 また、議会便り1月号を更新しています。是非、ご一読下さい。

2012年4月1日:ホームページを更新しました。
若草萌える頃となりましたが、皆さまお元気にお過ごしのことと思います。4月は入学や入社、転勤などがあり、多くの人が希望に燃える月です。これから楽しいことやうれしいこと、悲しいことや困難なことなどがあると思いますが、頑張ってください。職場や地域など、ご用聞きに伺いますのでよろしくお願いします。議会便りを作成しましたのでご覧下さい。ご意見をいただけるとうれしいです。
2012年2月10日:寒中お見舞い申し上げます
寒中お見舞い申し上げます。毎日如何お過ごしでしょうか。暖かくなったり急に寒くなったりと気温の変化が大きくなりました。体調管理にお気をつけ下さい。
2月定例県議会が24日(金)から始まります。2012年度の一般会計予算は前年比1.3%減の5728億円(今回設置した公債管理特別会計分を純計すると前年比97億円1.7%増の5902億円)となっています。社民党の代表質問は太田清海議員、一般質問は高橋透議員の予定です。私は、今回登壇の予定はありませんが県政への疑問点や改善点がありましたらEメールか電話でご連絡いただければありがたいです。
ところで、先日福島県の南相馬市に行ってきました。桜井市長は、「一時は7万人の人口が1万人にまで減少したが、市役所機能を移さなかったことが良かった。今日の南相馬市の再生に繋がっている。警戒区域が解除される今年が再生への正念場です」と精悍な感じで話しておられました。詳しくは、活動日誌でご報告します。 また、議会便り1月号を更新しています。是非、ご一読下さい。

2012年1月1日:あけましておめでとうございます。
昨年は、1月に知事選挙が行われ東国原県政から河野県政へ、そして4月の統一自治体選挙で39名の新議員が誕生しました。私も多くの皆様方のご支援により7期目の当選を果たすことができました。皆様の声を県政に反映させるため全力で頑張っていきます。そして、今年は日記の一部に一言方式を取り入れ皆さま方に発信していきたいと思います。皆さま方も是非ご意見をお寄せ下さい。今年も宜しくお願いします。
2011年10月19日:9月議会便りを作成しました
日ごとに秋も深まってまいりましたが、皆さま方にはお元気にお過ごしのこととお慶び申し上げます。 口蹄疫からの復興対策や東日本大震災への支援等について議論した9月定例県議会が11日に閉会しました。 補正予算や一般質問の概要等について記載した議会便りを別添のとおり作成しましたので、是非ご覧ください。 なお、11月議会が来月25日に開会の予定ですので、県政の課題などお気づきのことがございましたらメールや電話などで お知らせくだされば幸いです。遅くなりましたが、後援会事務所を自宅に移しましたのでよろしくお願いします。
2011年8月15日: 来月2日から9月定例県議会が始まります。
残暑お見舞い申し上げます。みな様お元気でしょうか。朝から元気にクマゼミたちが鳴いています。本当にここぞとばかりに鳴くセミたちの合唱でうるさいばかりですが、この平凡な毎日こそが平和の尊さではないかと思いながら広島・長崎の原爆忌そして敗戦記念日を迎えました。戦時でも平時でも共存できないのが原子力ではないでしょうか。毎日、早朝5時から約1時間一つ葉の松林と浜を散歩しリフレッシュしていますが、この単純な時間に平和の持つ意味があるように感じます。そして当面の課題は、東北地方の復興と原発から脱却・自然エネルギーへの転換、口蹄疫からの復興、医療の再生と介護福祉、農業の再建などです。

委員会の県内調査、そして原発関連の講演や読書三昧で過ごしながら、9月議会の準備を進めています。日程は9月2日から10月11日の予定で、前半は知事提出議案の審議、後半は2010年度の決算審議となっています。

まだまだ暑い日が続きますのでお身体をご自愛いただきお過ごし下さい。
2011年6月1日:6月定例県議会が始まります。
先の統一自治体選挙において、多くの皆さま方の社民党候補へのご支援に感謝申し上げます。厳しい結果となりましたが、暮らしと平和を守るため今後とも頑張りますので宜しくお願いします。
前半選の県議会議員選挙では、現職1名と新人1名が落選した結果、2議席減の3名当選となりました。又、後半戦の市町村議議会議員選挙では、全候補者が当選することができました。本当にありがとうございました。今回の選挙結果については、時間をかけてしっかりと総括したいと思います。
防災、景気・雇用の回復による暮らしの安定、介護・地域医療、農林水産業などの産業の活性化、エネルギー政策など市政・県政・国政の課題は山積しています。これらの課題を一つ一つ解決するために今後4年間努力していきたいと思いますのでどうぞ宜しくお願いします。
10日から6月県議会が開会されますが、今回の一般質問は太田清海議員、高橋透議員が登壇の予定です。議会傍聴を宜しくお願いします。
2011年3月30日:県議会議員選挙が始まります。
桜の花もちらほらと咲き、春本番を迎えようとする今日この頃ですが、みな様お元気でしょうか。11日に東北地方を巨大地震と大津波が襲い、筆舌に尽くしがたい被害が出ています。さらに、福島原発事故が追い打ちをかけています。東日本大震災でお亡くなりなられたみな様、被災されたみな様に心よりお悔やみとお見舞いを申し上げます。

さて、4月1日より県議会議員選挙が告示されます。私は、口蹄疫や鳥インフルエンザ、新燃岳の降灰などでどん底にある県経済の復興や地域医療の再生、介護や保育制度などの充実を掲げて、7期目の宮崎県議会議員選挙に挑戦いたします。私は、選挙は候補者と有権者が県政の課題、地域や暮らしの課題を確認する場であると考えています。街頭での辻立ちで県政の課題と政策を訴えたいと思いますので宜しくお願いいたします。
2011年2月1日:議会便りを更新しました。
余寒の候、みな様にはお元気にお過ごしのことと思います。今年はことのほか寒さが厳しく、又鳥インフルエンザの発生や新燃岳の爆発など宮崎県には厳しい状況が続いています。1日も早く収まって欲しいと願っています。又、議会便りを更新いたしましたので、是非ご覧いただきご批判下さい。審判の日に向け全力で頑張っています。どうぞよろしくお願いします。
2011年1月1日:統一地方選で全員当選を勝ち取り、社民党の前進を!
明けましておめでとうございます。今、県政には口蹄疫からの復興や景気の回復、雇用の確保、地域医療の再生、介護・福祉、教育、農林業の振興、環境など多くの課題が山積しています。
また国政では、民主党政権に対する不安や不満が国民の間に充満しています。将に政治は混沌としており、今日ほど「暮らしと平和」を大事にする政治への変革が求められている時はないと思われます。
このような中で4月に統一自治体選挙が行われます。候補者全員の当選を勝ち取るため、全力で頑張りますので本年もどうぞ宜しくお願いいたします。
2010年11月15日:議会便りをアップしました。
晩秋の候、みな様にはお変わりなくお過ごしのことと思います。
口蹄疫の影響は大きいものがあり、世界的な不況と相まって宮崎は冬の時代を迎えていますが、力を合わせて乗り切っていきましょう。
9月議会を便りのアップをお知らせするのが遅くなりました。ご覧の上、ご批判をお願いします。18日から11月議会が始まりますが、今回は登壇の予定はありません。東国原知事の最後の議会となりますので、お時間がありましたら傍聴をお願いします。
21010年10月8日:熟慮は知事の陰謀? 長かった9月議会が間もなく終わります。
秋冷の候とは名ばかりで、日中はまだまだ暑い日が続いていますが、みな様にはお変わりなくお過ごしのことと思います。一般質問も無事?終わり、前年度の決算審査も実質上終了、12日の閉会までにいくつかの課題を残すばかりとなりました。
結局、東国原知事は熟慮を繰り返し、知事選挙まで2ヶ月となった9月29日、意味不明の理解しがたい理屈をあげ2期目不出馬を表明しました。
後継に河野副知事が意欲を示していますが、議員の間では、選挙までの期間があまりにも短すぎる。他の人が手を挙げられないようにするための陰謀ではないかとの声さえあがっていますが、真実はどうなんでしょうか。口蹄疫からの復興を目指した公平、公正で開かれた地に足のついた県政が望まれます。
2010年9月2日:知事の去就は? 9月議会が明日から始まります。
天高く馬肥ゆる秋とは言葉だけの厳しい残暑が続いておりますが、みな様にはお元気にお過ごしのことと思います。宮崎県を塗炭の苦しみに追いやった口蹄疫はようやく終息宣言が出されましたが、これからが復興に向けての正念場となります。9月議会は明日から開会されますが、復興対策と並んで東国原知事の知事選再出馬も大きな注目点です。口蹄疫で疲弊した本県経済の立て直しと地域医療の再生などの本県の課題に道筋をつけることが知事に課せられた責任ではないでしょうか。今議会で社民党は、代表質問は外山良治議員、一般質問は私と高橋透議員が行う予定です。是非、傍聴をお願いいたします。

2010年8月9日:お元気ですか。8月議会便りを作成しました。
暑中お見舞い申し上げます。暑い日が続きますが、お元気にお過ごしのことと思います。新聞やテレビで、原爆忌や敗戦記念日特集を見ると「平和と戦争」について考えさせられます。社民党の政権離脱も平和と戦争に絡んでいました。地道な取組で平和を築いていきましょう。
ところで、8月1日付けで「議会便り」を作成しましたので、ご覧いただきご批判をお寄せ下されば幸いです。なお、9月議会は9月3日(金)開会予定ですが、終了後引き続いて決算議会が開かれますので、全て終了するのは10月12日(火)となっています。今回は一般質問をする予定ですのでご意見をお寄せ下さい。
2010年6月18日:口蹄疫対策を議論した6月議会が閉会しました。
6月県議会は、本日口蹄疫の被害拡大を抑えるため牛や豚にワクチンを接種した農家への補償金や早期出荷に伴う損害を被る農家への補てんなどを盛り込んだ補正予算等を可決して閉会しました。口蹄疫対策に伴う県の補正は今回で4回目となり、総額は542億3169万円となります。
今定例議会は、口蹄疫被害対策に従事する県執行部の負担軽減を図るため一般質問を全て取りやめるなど異例の展開となりました。管首相の「国が全て負担します」との言葉はあったものの、可決した予算の財源は国が全額を負担する前提で提案されています。確定しているわけではないため、今後国に対して強力な働きかけをしなくてはなりません。又、ホテルや旅館・飲食業など全ての産業に売り上げ減などの大きな影響が出ており、1日も早い収束と対策が急務となっています。

ところで、いよいよ参議院選挙が始まります。比例区の福島みずほ予定候補と吉田ただとも予定候補予定候補、そして社民党の勝利に向けて頑張ります。どうぞご支援をよろしくお願いします。
2010年5月27日:口蹄疫対策のための臨時議会が開かれます。
皆さん、お元気でしょうか。今、宮崎は口蹄疫のため畜産業をはじめ大変な打撃を受けています。募金などの直接的な農家への支援にあわせ牛肉やハム・ソーセージ、キュウリやトマトなどの県産品購入をお願いします。罹患した牛の肉などが市場に出回ることはありません。どしどし宮崎県産品を食べてくださるようお願いします。28日に臨時議会が開かれ、81億円の農家支援を決定する予定です。
2010年4月1日:議会便りを更新しました。
若草萌ゆる頃となりましたが、みな様にはお元気にお過ごしのことと思います。
今期最後の年度ですが、雇用や医療の再生、農業振興などに全力で頑張ってまいりますのでどうぞ宜しくお願いします。
また、下記日程で福島瑞穂党首(特命大臣)の街頭演説が行われますのでお知らせいたします。是非お出かけください。

日時:4月10日(土)11時〜12時30分
場所:宮崎市山形屋前交差点

4月11日(日)には、県北地区数カ所(西臼杵、延岡、日向など)で予定しています。
2010年2月18日:2月議会が始まりました
余寒の候、みな様にはお元気にお過ごしのことと思います。

今日から、3月17日までの予定で2月定例県議会が始まりました。前年度当初比2.6%増の5772億円などの2010年度一般会計当初予算ほか特別議案16件、本年度一般会計補正予算議案ほか17件となっています。

東国原知事は、提案理由で行財政改革大綱2007の実行を最重点課題として、雇用の確保や地域医療の再生、人材の育成等に取り組むと説明していました。
しかし、評価する点もあるものの、人員の急激な削減などで例えば福祉事務所のケースワーカーが嘱託職員であったり、若者の雇用相談を受けるジョブカフェーの職員が正規職員でないなど笑えない現実を何とかしなくてはと思いながら東国原知事4年目総仕上げの年の決意を聞きました。
今こそ、官製ワーキングプアをなくす努力が求められています。

今回の我が会派の代表質問は満行議員、一般質問は太田・高橋議員が行います。是非、傍聴をお願いします。
2010年1月26日:議会便りを更新しました。
1月=行く、2月=逃げる、3月=去ると言いますが、月日の経つのは本当に早いものです。予算議会となる2月議会が2月18日に開会いたします。是非、ご意見をお寄せください。
2010年1月1日:今年も暮らしと平和を守る取り組みに全力をあげます。
あけましておめでとうございます。
昨年は、多くの国民が望んだ自・公政権が退場し、民・社・国連立政権が誕生しました。働く人や高齢者、女性、こどもたち、障害者の暮らしや希望を奪い、これまで築いてきた共に助け合うという日本社会のあらゆるシステムを徹底して破壊した新自由主義の政治が終わりました。大企業や富める人々のための一人勝ちを許す政治が終わりを告げました。
今、経済・基地・金のいわゆる3K問題で鳩山政権のぶれが指摘されていますが、社民党は福島党首を先頭に民・社・国連立政権の品質保証の役割をしっかり果たし「国民の生活を再建し、いのちを大切にする政治」を実現するために頑張ってまいります。
また、県内においても民主団体の皆さん方と取り組んできた地域医療の再生や暮らしを守る取り組み、新田原基地での日米共同訓練反対などの平和を築く取り組みなどを通じて、参議院選挙に全力をあげたいと思いますので本年もよろしくお願いします。
2009年11月25日:11月議会が始まりました。
日増しに寒さが加わってまいりましたが、みな様にはお元気におすごしのことと思います。本日11月定例県議会が開会し、知事から新型インフルエンザ対策事業9億2263万円や住宅用太陽光発電システム補助金1億円(1000軒)などを盛り込んだ総額65億9332万円の一般会計補正予算や歓楽街などでの客引き行為の規制を強化する条例などが提案されました。
一般質問は20名が登壇予定で、私は12月1日午後1時から
|楼莪緡鼎砲弔い董↓発達障害児への支援について、M住司埓について、っ了の政治姿勢について質問を予定しています。
みなさま方の傍聴をお願いします。
2009年10月20日:9月議会が終わりました。各種調査に全力投入です。
 41日間の長丁場となった9月定例県議会が、総額449億余に上る一般会計補正予算案等を可決して終わりました。又、歳入歳出などの5決算の議案は、官製談合事件や不適正な事務処理の発覚を受けて3年連続で不認定が続いていましたが、4年ぶりの認定となりました。
明日から、総選挙で延期されていた常任委員会や特別委員会の県外視察、観光議員連盟の意見交換会、医療問題の入郷地域病院視察や町村幹部の皆さんと意見交換、宮崎市郡医師会の皆さんとの意見交換、党県連大会などの行事が11月下旬まで目白押しです。そして、11月25日からは定例県議会とハードスケジュールですが、全力投入で頑張ります。どうぞ宜しくお願いします。
2009年9月10日:9月議会が始まりました。
朝夕はめっきりと涼しくなりましたが、皆様にはお元気にお過ごしのことと思います。
今日から10月20日(火)までの41日間の日程で、9月定例会が始まりました。449億4000万円の 一般会計予算の審議に続き、2008年度の決算審査を早めに行い、新年度予算への反映・充実を図るとして今年度から9月 議会で旧年度の決算審査を行うこととなったものです。今回、国の経済、雇用対策による大型補正予算を受け、 県でも従来にない大型補正予算となっていますが、県執行部は今回の政権交代による影響がいまだ国から具体的な説明はなく 困ったというのが実情のようです。新政権には、地方への影響を最小限にして欲しいものです。
開会冒頭、知事から先の総選挙での一連の行動や発言に対して陳謝する旨の発言がありましたが、 その後の知事のブログを見る限り本当に反省しているのかなと疑わざるを得ないのは本当に残念です。
総選挙での民主党圧勝で政権交代が図られますが、社民党は現状維持となりました。 政権交代は歓迎すべきことですが、宮崎3区で勝利できなかったことは本当に残念です。 ご支援いただいた県民の皆様に感謝とお詫びを申し上げます。 これにめげず、これからも地方議員を増やし足腰の強い政党となるよう全力を あげます。
今回、社民党は連立政権に参加することになり福島瑞穂党首が政権入りします が、国民に約束した生活再建のために頑張っていただきたいと思います。皆様 のご支援をお願いいたします。
2009年8月17日:総選挙の勝利で生活再建を!
残暑お見舞い申し上げます。暑い日が続きますが、如何お過ごしでしょうか。
私は、7月8月と総選挙まっしぐらの毎日でございます。いよいよ、18日に衆議院総選挙が公示され、選挙戦の火ぶたが切られます。今回の総選挙は、小泉・安倍・福田・麻生の自公連立政権による構造改革で破壊された雇用や暮らし、地域を再建する選挙であります。すなわち生活再建選挙と言えます。
]働者派遣法の抜本改正、後期高齢者医療制度の廃止、C亙交付税の回復などにより、安心して暮らしていける社会を作ることであります。
私たちは、今回民主党の皆さんと協力し、1区は川村秀三郎氏を共同で推薦し、2区は民主党公認の道休誠一郎氏を社民党が推薦し、3区は社民党公認の松村秀利氏を民主党が推薦するなどして自民党の牙城を何とか切り崩したいと思っています。政治の変革を求める皆さま方のご理解・ご支援を賜りたいと思います。
私は、30日の投票日まで全力をあげる決意でございますのでよろしくお願いいたします。また議会便りを作成しましたが、お届けする時間がございません。ホームページで見られるか、事務所にありますので是非お立ち寄りください。なお、6月議会便りを更新いたしましたのでご覧ください。
まだまだ暑い日が続きますので、お身体ご自愛ください。
2009年6月12日:6月議会が始まりました。
皆さん、ご無沙汰いたしておりますがお元気でしょうか。いよいよ今日から、6月定例県議会が始まりました。30日までの19日間の予定で、やや短い日程です。通常6月議会は知事からの議案の提案はありませんが、国の補正予算成立を受け手探りでの提案となっているようです。国会で与党が2/3の再可決で成立したものの、国から県へ具体的説明はなく本当に困ったというのが実情のようです。
ところで、今年は空梅雨なのでしょうか、梅雨入り宣言のあった宮崎ですが強い日差しの毎日が続いています。地に足のついた県政実現のため、奮闘努力する決意です。
総選挙も間近に迫っており、社民党の議席獲得に頑張りたいと思います。ご支援をお願いいたします。
2009年4月13日:臨時議会が始まります
初夏を思わせる日が続いておりますが、如何お過ごしでしょうか。来週から、新年度の議長など議会役員を選任する臨時議会が始まります。県民にわかりやすい議会とする視点で努力します。又、議員定数問題の確約書については、有権者を欺く許されない行為ですので真相解明を図りたいと思います。ところで、とりがい謙二県議会便り2月号を作成しましたのでご意見ご批判をお願いします。
2009年3月1日:もう春ですか。光陰矢のごとし!
今日は、春本番を感じさせる1日でした。3月弥生とは言うものの、本当に暖かいそして久しぶりの晴天でした。宮崎の空はやはりこれでなくてはと思います。1月は「行く」、2月は「逃げる」3月は「去る」と言いますが、日記を一回も書けなくて反省する月となりました。

昨日、社民党の全国大会で日帰りでした。しかし、言い訳にはなりません。3月はきっちりと日記と活動日誌を書いていきます。
2009年2月23日:2月議会がはじまりました。
皆さん、お元気でしょうか。今週は暖かい雨の日が続き、まるで菜種梅雨のようです。地球温暖化により季節が1ヶ月ほど早くきているのでしょうか。
19日から2月議会が始まりました。25日から代表質問ですが、社民党は延岡市選出の大田清海議員が26日(木)の10時から登壇します。知事の政治姿勢など県政全般について質問しますので、是非傍聴をお願いします。私は、今回は登壇の予定がなく委員会で徹底審議したいと思います。
麻生首相の「郵政民営化に私は反対だった」との発言や中川財務大臣のメロメロ記者会見など国家の体をなさない自・公政権には呆れるばかりです。1日も早い解散総選挙での勝利に向けて頑張ります。
2009年1月19日:1月の議会便りを更新しました
早いもので1月ももうすぐ下旬となりますが、如何お過ごしでしょうか。今日は臨時議会に向けての議会運営委員会です。待ったなしの地域医療の再生の道を探して、明日は鹿児島県立鹿屋病院などの調査に行ってきます。又、2月14日午前10時から宮日会館で「宮崎地区の地域医療を考えるシンポジューム」が開かれます。是非、ご参加ください。無料です。
2009年1月1日 あけましておめでとうございます。 
昨年は、アメリカ発のサブプライムローン破綻に端を発した金融不安が世界を覆い、世界経済は大混乱になりました。日本においても自動車・電機産業等の製造業を中心に労働者の首切りが続出し、大きな社会不安を招いています。 特に、派遣労働者などの非正規労働者は、年度末までに八万五千人以上が職を失うと報道されました。本当に胸が痛みます。

ブッシュ政権の市場万能主義を賛美し、その結果、生活の中に大きな格差を持ち込み、暮らしを破壊した小泉構造改革路線に改めて怒りを覚えます。

このような中、アメリカでは第四十四代大統領にバラク・オバマ氏が選出され、これを機に政策転換し、強力な財政出動も行いながら、経済と生活の再生をはかろうとしています。

しかし、日本では麻生自・公政権が総選挙の洗礼を受けずに居座り、二兆円の定額給付金をばらまこうとするなど、国民の思いを無視した愚策の政治を続けています。1日も早く解散・総選挙を行い、民意を政治に反映させるべきです。

県内においても、ここ数年、農林漁業・雇用など暮らしと直結する部門は、ごく一部を除いて悪化の一方でした。そこに、今回の不況です。この折、知事が常々言う県民総力戦はどうなっていのか、言葉だけが県民に投げかけられ、政策を推進する県庁職員とも共有されていないのではないか、懸念しています。

私は、以上のことを念頭におき、初心忘れることなく、県民のみな様の生活や職場の実態に根ざした提言を行ってまいります。厳しい情勢ですが、希望を失うことなく共に歩いていきましょう。

この一が、みな様方・ご家族にとりまして良い年となりますようご祈念申し上げ、新年のごあいさつと致します。
2008年12月1日:1日も早い解散・総選挙を求めます。
今日から12月、一つ葉の入り江や大淀川にもマガモがやってきました。一つ葉の入り江の散歩コースには、ここそこに5羽10羽と固まって羽を休めています。間もなく50〜100羽と集団で行動する姿が見られるようになることでしょう。四季の移り変わりが本当にきれいです。
ところで、産経新聞の世論調査で麻生内閣の支持率が、9月末の政権発足当初の44・6%から約17ポイント以上も下落し、27・5%と3割を割り込んだことがわかりました。不支持も58・3%と6割に迫って「支持」「不支持」が逆転し、麻生首相に対する厳しい世論が感じられる結果となったことを報じています。総選挙の洗礼を受けないまま政権に居座り、2兆円の生活給付金をばらまくノー天気な政治を続けようとする麻生自・公政権に対する国民の当然の気持ちと言えます。麻生首相は1日も早く解散・総選挙を行うべきでしょう。
県議会は、今週から一般質問に入りますが、知事との間での真剣な議論を期待したいものです。又、選挙区・定数問題の議論も佳境に入りますが、県民の納得のいく結論が求められます。

鳥飼謙二の日記

戦争法案は廃案に!

「国際平和支援法案」「平和安全法制整備法案」の2法案の審議が衆議院の特別委員会で行われているが、安倍政権は審議時間が100時間をこえ十分審議したとして今週の15日に採決するとしている。

しかし、これは断じて認められない。各種の世論調査では、8割を超える人が政府の説明は不十分だとしている上に6割が憲法違反であり今国会で成立させるべきではないと答えている。さらに憲法学者などの知識人なども反対を表明しており、今国会周辺では万を超える人々が反対の声を上げ、特に自由と民主主義を守るとして若者が国会周辺に押し寄せている。

 また県内においても、宮崎市や小林市など各地区で反対の集会やデモ行進、街頭宣伝が連日繰り返されている。門川町や川南町、高原町、小林市、えびの市議会では反対や慎重審議を求める意見書が採択されている。これはかってないことであり、日本がアメリカと一緒に戦争のできる国へと変わる重大な岐路に差し掛かっていることへの危機感のあらわれである。

安倍政権は、間違っている。憲法違反の安保法案を廃案にして、国民投票で国民の意見を聞くべきである。我が国を法治国家とするため力を合わせましょう。

この記事の続きを読む 2015-7-12-1 コメント

鳥飼謙二の活動報告

県民連合で岐阜県総合医療センターを視察しました

岐阜県総合医療センターは、2006年に本館等を新築し県立岐阜病院から岐阜県総合医療センターと名称を変更。2010年に独法化し、高度放射線治療施設や手術支援ロボット(ダ・ヴィンチ)の整備、カテーテルによる内科的治療と手術による外科的治療が同じ部屋でできるハイブリッドセンターを整備。ゝ潴慎澣泪札鵐拭次↓∧譴箸海匹皸緡泥札鵐拭次幣児医療センター、新生児医療センター、総合周産期)、がん医療センター、た澗〃豐疋札鵐拭次↓ソ性医療センターの5部門に特に力を入れているとのことでした。2006年に重症心身障がい児の重心病棟が完成する予定です。

救命救急センターは、平日日勤帯は救急担当医(チーフ)1名と研修医2〜4名が、内科系、外科系、小児科系各々1名とともに対応し、夜間(17;15〜翌8:30)と休日は内科系、外科系、小児科系各々1名と研修医3〜4名が対応しています。地域の医療機関と連携し外科または内科の医師、小児科医師の派遣を受けています。他科の医師はオンコール体制により手術等に対応できる体制をとっているとのことでした。

乾燥:^綮嫂瑤豊富であることには驚きます。極めて高い医療体制となっていて大学病院にも匹敵する病院です。2赦げ浩病院は2009年度以降赤字が継続しており、このまま独法化でやっていけるか心配です。続きをお読みください。

この記事の続きを読む 2014-10-27-2 コメント